いちおうバッグ イン バッグ

 前回写真撮り忘れていましたし、ついでにまた数点作ってみました。

f:id:amenohitsuki:20201124195537j:plain 

手前がA4サイズがジャスト入るサイズ。ジャストすぎたので、広めに作ったのが奥。

昔使っていた大きいトートバックを最近引っ張り出して使っているので、ちょうどいいバックインバッグです。一泊旅行できそうなくらいのトートバッグなので。

 

f:id:amenohitsuki:20201124195936j:plain これは頼まれ物。前回作ったのより横広もマチも広め。

 

f:id:amenohitsuki:20201113235520j:plain f:id:amenohitsuki:20201113235507j:plain f:id:amenohitsuki:20201113235720j:plain 

前回の。

違いがわからないですね^^

 

f:id:amenohitsuki:20201124200323j:plain 

右から二番目が前回写し忘れたの。ファイルとか沢山入れて数回使っています。

 

評判が良かったので合わせて今回4つ作りました。

お世話になっている友人が気に入ってくれたので、おすそ分けします。

 

同じ柄ばかりで変わり映えしませんが。。。。自己満足でした。

 

では。

 





 

横長マスクケース(不織布マスク縦に二つ折り)

不織布マスクのワイヤーを折らずに縦に二つ折りして入る横長タイプがいいとのことで作ってみました。

f:id:amenohitsuki:20201123211906j:plain 

f:id:amenohitsuki:20201123211932j:plain

f:id:amenohitsuki:20201123212119j:plain ついでにそのまま入るタイプも。

f:id:amenohitsuki:20201123212152j:plain そのまたついでに余った材料で作ってみました。

 

私は普段は服やバッグに合わせた布マスクを使っている(病院などに行く時は布マスクの中に不織布マスクを入れている)ので、しっかりワイヤー折っちゃってましたから、横長の発想がなかったのですが、横長も使いやすいですね。

 では。

 

おでん

 先日、寒かったのでおでんを作りました。

レシピというほどではないですけど、おでんの素を使わないおでんの作り方をご紹介しますね。前日に仕込んで翌日に食べます。

 

1. 大鍋に水を入れて、昆布を一枚いれてしばらく置いておきます。干しシイタケ干ホタテの貝柱、乾燥しじみ などもあれば入れておきます

 

 この間に、玉子とコンニャクの下茹でをしておきます

 

2. 卵を水から入れて茹でて、殻をむいておきます。(100均で売っている玉子と一緒に入れて茹で具合がわかる便利グッズが便利)

   茹で上がったらボウルに水と氷を入れておいて玉子を入れます。殻がむきやすい気がします 

 

3. 角コンニャクは適当な大きさに切って、切れ目を入れて塩茹でします。沸騰したら塩を入れて角コンニャクを入れ、時間差で糸こんにゃくも入れてしばらく茹でます

 

4. 大根ジャガイモなど水から入れる具材を切ります

  大根(かなり大きく切って角を面取りし、十字に切れ目をいれておきます)

  ジャガイモは皮をむいて、芽もとります(煮崩れしやすいから切りません)

   ★大根は厚くないと味が染み込み過ぎて辛くなります。

       

5. 茶パックに入れたカツオ節(「だしの力」などを茶パックに入れて冷蔵庫に常備していると便利)や、大根ジャガイモを入れて火にかけます(まだ調味料は入れません)

 ★★大根とじゃがいもがヒタヒタになるくらい。残りのだし汁は別の鍋かボウルにとっておきます。

★ 白菜やキャベツの葉っぱも良い出汁が出るので投入。キャベツの芯はとても良い出汁が出ると思います。

 

6. この間に、厚揚げちくわ、冷凍しいたけを切り、しめじなどキノコ類も準備します。

  ★生しいたけはあえて冷凍します。おでんや鍋に入れたらぷるぷるして美味しいので。

 

7. 大根とじゃがいもにしっかり火が通ったら、酒(私は「料理酒」ではなく米だけで作ったような「日本酒」)と砂糖(素焚糖など)を入れます。 

 ★ここで砂糖もけっこういれておきますね。塩や醤油を入れた後に砂糖をいくら入れてもあまり甘くならないから。(どうしても甘さを足したかったら、煮込んで味がしまった後に味醂(みりん風ではなく本みりん「九重櫻」など)で整えます

 

8. 数分経ったら、しょうゆを入れます

  ★味見。私はけっこう塩を入れます。ある程度、ちゃんと味がついていると思ったら、醤油を少しいれます。

 

9. 厚揚げちくわ、冷凍しいたけ、しめじ 等を入れてしばらく煮込みます。とりあえず15~20分くらいタイマーをかけておきます

 

   ★★ここでも、材料がヒタヒタに浸かるくらいで煮込みますので、残った汁は別の鍋やボウルにとっておきます。

 

   ★★★前回作った時のおでん汁を、少し保存袋に入れて冷凍しておいたのを入れます(コクが出ると思うので)

 

10. 火が止まったら自然に冷えるまで放置。(味は冷える時につくので、ずっと火にかけて煮込まずに、20分くらい煮込むのを何度かして味も絞まって整ってきます)

  ★コクが足りないと思えば味噌を少し入れます

  ★だんだんと味はしまる(濃くなる)ので、最初から濃くしすぎるより、ある程度経ったら味見がてら竹輪などを食べて味の調節をするといいかも。

 ★汁が減るので別鍋にとっておいた味の味のついたおでん汁を入れてヒタヒタにして煮込みます。

 ★一晩寝かしたら味がしっかりついているので、温める時に汁が減っていたら、初めのだし汁を足します。

 

 翌日のおでんはとても美味しいです。お気に入りの調味料や具材で作ると、作りすぎてもぜんぜん飽きないですよ。

 

 ★★★今回のおでんの汁を次回の為に、少し保存袋に入れて冷凍しておきます。

 

 

 具材によっても味は全然変わってきます。特に厚揚げはお気に入りがいいです。一番のお気に入りだったお豆腐屋さん(安河内)は潰れてしまったようなので、今は糸〇の厚揚げを入れています。(置いていたスーパーの棚から消えては、よそで見つけて、そしてまた消えて…を繰り返して、とうとう潰れてしまわれたようです。残念すぎです。。。)

 

★もし、大根などに味が染み込み過ぎたら、途中で引き上げておいて食べる時に温める時に鍋に戻すとか、相当辛い時は、小鍋にお湯を沸かして大根だけ入れて味を抜くのも手ですよ。

 

 

    では。

 

  

 

 

 

 

ピンクのポインセチア

f:id:amenohitsuki:20201114001151j:plain 先月、ひとめぼれで買いました。今年はピンクが新鮮です。

f:id:amenohitsuki:20201114001256j:plain スコットランドエリザベス女王陛下のギフトショップのお皿ととても似合ってます。

 (画像が悪いし、飾り方もいまいちなので切り取ってみました)

 

では。

 

 

ひさしぶりのレオン君(英字スタイ)

f:id:amenohitsuki:20201113235117j:plain う~ん可愛い♡レオン君

英字の生地でスタイを作ってみました。

f:id:amenohitsuki:20201114000121j:plain 癒されます

f:id:amenohitsuki:20201114000347j:plain 固まってる

f:id:amenohitsuki:20201114000700j:plain

f:id:amenohitsuki:20201114000829j:plain 




f:id:amenohitsuki:20201114000142j:plain 



バッグインバッグ。

f:id:amenohitsuki:20201113235507j:plain 

f:id:amenohitsuki:20201113235520j:plain 裏地も同じ生地でポケット両方つけました。

とても軽くていい感じです。

f:id:amenohitsuki:20201113235655j:plain

f:id:amenohitsuki:20201113235720j:plain

他にもマチの広いのや、A4サイズがちょうど入る大きさのも作ったのですが、またまた写真撮り忘れました。(覚えていたらUPするかも。。。)

 

 では。

 

マスクケース

 最近はマスクケースを作っていました。

マスクが普通サイズから大きめサイズ、特大サイズ、形も様々になってきたので、ケースのサイズも色々作りました。

初めは渋い布で作ったのですが、お手入れを考えたらこのプラが良いかなと。

道具も材料も沢山あったので、身近な方々におすそ分けしようと思います。

f:id:amenohitsuki:20200920222119j:plain 初めに作った奥のタイプは2つにピシっとは折れません。真ん中と手前のは改良して二つ折りにしました。

 

f:id:amenohitsuki:20200920222152j:plain 奥のタイプ。ノーズワイヤーを折らずにすみます。

 

f:id:amenohitsuki:20200920222215j:plain 持ち運ぶには二つ折りが便利です。

f:id:amenohitsuki:20200920222233j:plain 正方形に近いタイプ

f:id:amenohitsuki:20200920222258j:plain 西村大臣マスクタイプなので横長

f:id:amenohitsuki:20200920222317j:plain かなり大きめのプリーツタイプマスク

f:id:amenohitsuki:20200920223223j:plain 渋い布製なので予備のマスク入れに。

かなり大きめのマスクも入るサイズにしました。ストレッチの布なのでちょっとブヨブヨかも。

 

 初めは便利な裁断機を持っているのをすっかり忘れていたので、手切りで切っていたのでちょっと面倒くさかったです。今はシャッシャと切れるので100枚くらい作りました。スナップつけるのは手でするので腕がこってきました。機械買おうかなぁ。。。。

 

 

 では。

 

香炉の灰を取り替えたら…

 香炉の灰は定期的に取り替えるものなのですね。

恥ずかしながら知らなくて…、替えてみたら、線香が燃え残らなくなりました。

きっかけは、今年も春日大社さまの中元万燈籠と祖先祭のご案内を頂き、祖先祭のおさがりの「清香(きよめこう)」等を頂戴しました。

f:id:amenohitsuki:20200908193329j:plain f:id:amenohitsuki:20200908193348j:plain

 春日大社さまでは、香は清めに薫じられ、極めて重要な役割を果たされる八百年前からの仕来りだそうです。

 頂いた清香(沈香)は、お盆やお彼岸、正月など折々に薫じていましたが、コロナ禍の今、毎日薫じましょうと思い立ち、着火剤など色々と検索していて「灰は替えるもの」だと知りました。

 わりとこまめに香炉のお手入れはしていたのですが…。

 

 通常の香炉と別に、法事の時に使う香炉を清香専用にしました。

お盆お彼岸命日等には春日様の「沈香」と「薫香灰」で薫じようと思います。

 着火剤は、家にあるのは「紫雲」でしたが、他はどうかと思い「みやこ灰」の着火剤を買ってみました。紫雲よりしっかり点火を確認しないと消えることがあるけれど、品質とコスパが良いので再購入すると思います。

灰は…いろいろあって迷いましたが、今回は日本香道の香炉灰95g にしてみました。量の目安がわからないので2個購入。バッチリでした。他のも試してみようかと思っていましたが、とても良かったので次も同じのにするかなぁ。

 

 先日、靖国神社さまの国家安泰祈願のご案内をいただいたので、国家安泰と神恩感謝でお願いしたら、こんなに立派なお札を頂戴しました。(写真撮影後にちゃんと神棚におまつりしました)

f:id:amenohitsuki:20200908193957j:plain 

 日本中の神社仏閣が祈祷してくださっていますね。岡山の石上布都魂神社さまや大神神社さまも。ありがたいですね。感謝です。

 此度の台風10号の衰退も神々様のご加護のおかげだと思います。

 被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

 

 では。