香炉の灰を取り替えたら…

 香炉の灰は定期的に取り替えるものなのですね。

恥ずかしながら知らなくて…、替えてみたら、線香が燃え残らなくなりました。

きっかけは、今年も春日大社さまの中元万燈籠と祖先祭のご案内を頂き、祖先祭のおさがりの「清香(きよめこう)」等を頂戴しました。

f:id:amenohitsuki:20200908193329j:plain f:id:amenohitsuki:20200908193348j:plain

 春日大社さまでは、香は清めに薫じられ、極めて重要な役割を果たされる八百年前からの仕来りだそうです。

 頂いた清香(沈香)は、お盆やお彼岸、正月など折々に薫じていましたが、コロナ禍の今、毎日薫じましょうと思い立ち、着火剤など色々と検索していて「灰は替えるもの」だと知りました。

 わりとこまめに香炉のお手入れはしていたのですが…。

 

 通常の香炉と別に、法事の時に使う香炉を清香専用にしました。

お盆お彼岸命日等には春日様の「沈香」と「薫香灰」で薫じようと思います。

 着火剤は、家にあるのは「紫雲」でしたが、他はどうかと思い「みやこ灰」の着火剤を買ってみました。紫雲よりしっかり点火を確認しないと消えることがあるけれど、品質とコスパが良いので再購入すると思います。

灰は…いろいろあって迷いましたが、今回は日本香道の香炉灰95g にしてみました。量の目安がわからないので2個購入。バッチリでした。他のも試してみようかと思っていましたが、とても良かったので次も同じのにするかなぁ。

 

 先日、靖国神社さまの国家安泰祈願のご案内をいただいたので、国家安泰と神恩感謝でお願いしたら、こんなに立派なお札を頂戴しました。(写真撮影後にちゃんと神棚におまつりしました)

f:id:amenohitsuki:20200908193957j:plain 

 日本中の神社仏閣が祈祷してくださっていますね。岡山の石上布都魂神社さまや大神神社さまも。ありがたいですね。感謝です。

 此度の台風10号の衰退も神々様のご加護のおかげだと思います。

 被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

 

 では。