春日大社で悪疫退散祈願 (新型コロナウイルス)

 昨日、春日大社さまが「新型コロナウイルスの蔓延を阻止しようと、奈良市春日大社は31日、悪疫退散の特別祈願を始めた。終息宣言が出るまで毎日続ける。」というニュースを見ました。今、日本中に漂う不安な空気が晴れていくような、一筋の光のような…そんな気持ちになりました。ありがとうございます。

心より感謝申し上げます。

感染拡大を防いで平穏な日常を取り戻すため、一般参加もできるそうです。

ちょうどもうすぐ節分。2月3日は節分万燈籠神事(献燈者祈願祭)があります。

【節分の日には境内全ての燈籠に浄火を灯し、古から連綿と続く人々の祈りを今に伝える「春日万燈籠」と、人生の節目の年の厄払いの「厄除祈願」が行われます。】

私は参列できませんが、献燈紙に「神恩感謝」と書いて郵送しました。ありがたいことに、いつも万燈籠の献燈紙を送ってくださったり、御札、お守り、お茶、ストラップなど頂戴しておりまして…、感謝 感謝 感謝 でございます。

 神様との繋がりは寄進の額ではないのです。(私が証拠)

神棚にお札をいただき、毎朝神棚の掃除をし、榊の水を変え、米塩水酒を取り替え、燈明を灯し、「(感謝と)今日も一日頑張ります」と祈り一日が始まります。

頂き物、果物、お菓子は初めに神棚に供えてから、頂く。(物心ついた時からずっとそうしてきたので)

 そんな日々の暮らしの中で自然に神様との繋がりが深くなるのではないでしょうか?

 

新型肺炎 春日大社で悪疫退散祈願 https://www.sankei.com/life/news/200131/lif2001310034-n1.html @Sankei_newsさんから

新型肺炎終息願い特別祈願=春日大社 https://youtu.be/SWxUjpp6m_I @YouTubeさんから

 

 昔から、日の本の国の国難の時には、国中の神社仏閣勅願道場で祈祷が行われていましたね。

きっと今もあちこちの神社仏閣で祈祷してくださっていると思います。ニュースにならなくても。

 

 では。

 

追)年末の超多忙で年明けは気が抜けていて、やっと重い腰を上げて、さてブログをと思ったら、んんん?チラチラしたあと画面が真っ黒に。。。。。新しいの買おうかどうしようか思案中。しばらくずっと思案中かも。。。。