興福寺 中金堂落慶慶讃法要 参列

  10日11日と興福寺中金堂落慶慶讃法要に参列させていただきました。

10日は延暦寺厳修 比叡山延暦寺の森川宏映天台座主 が法要を営まれました。森川座主が登場された時、一瞬坐像かと思ってしまいました。失礼ながら。一瞬ですよ一瞬。遠くからだったので^^  

f:id:amenohitsuki:20181105010820j:plain

荘厳でとても素晴らしい法要でした。

興福寺中金堂落慶 天台座主が法要 」- 産経WESTさんの記事に法要の様子が ちょっとだけありまた。

春日大社さんから貸し出された鼉太鼓の音も聴く事ができました♪

f:id:amenohitsuki:20181105011029j:plain

終了後には中金堂内も拝観させていただきました。(実は前日、9日の夜にも拝観させていただいていました♪)20日から一般公開されるそうです。

 この日は、9時前に着いて受付をすませて、席を確保してから中金堂のご朱印を頂き、国宝館と東金堂を拝観しました。法要終了後にはご朱印も瓦寄進もかなり並んでいたので我ながらGJ。瓦寄進をしたかったので、夕方再度訪れました。

f:id:amenohitsuki:20181105012135j:plain

 

 11日は雨でしたし、ゆっくり9時半過ぎに行きました。けっこう雨が降っていて、会場では傘はさせないので、ポンチョが用意されていました。レインコートの上にポンチョを着て、水を運べるほどの防水の風呂敷を膝にかけて雨と寒さ対策をして待っていました。

すると10時前から雨が小降りになって、5分ほど過ぎたらすっかり上がって無事に法要が始まりました。そして、2時間ほどの式典が終わると雨がまた降りだしました。式典の間だけ雨が上がっているなんて!さすが興福寺さま。感動しました。

ただ、雨ですので当然中で法要が営まれましたので、中金堂内の拝観は中止でしたね。

 そうそう、なぜ9日夜に拝観できたのか ですよね。

実は、夜の興福寺も素敵ですし、会場はどんな様子か見ておこうと18時過ぎに興福寺に行ってみたのです。すると、なにかやっているみたいだし「当日券あり」と書いてあるので近寄って、まだ入れるか訊いてみたら大丈夫で、しかも無料!!

なんてラッキーなんだと思い入口に行くと、なんとなんと大好きな「新TV見仏記」の、みうらじゅんさんといとうせいこうさん「言祝ぎ見仏トークⅰn興福寺」♪ 

面白いし、滲み出る優しい人柄、センスも好きです。楽しいトークライブの後で中金堂内を拝観できるというご褒美つき。ということ思いがけずの1回目の拝観。テンション上がっていたので「観た」だけで、2回目はしっかり拝ませていただきました。

f:id:amenohitsuki:20181105012211j:plain

 

 案内状の返信用はがきに、10月8日から11日 毎日でも参加できる旨の記載があって、4日とも参列したいけれどいいのかなぁ と迷いつつ、10日11日の2日間にしました。とりあえず、2泊でホテルを予約したもののせっかくだから、行きは京都経由で奈良入りしようと思い、8日から3泊に変更。(その頃はまだ帯状疱疹前でしたから)

f:id:amenohitsuki:20181105012248j:plain

京都でもビックリ神謀りのような出来事もありました。京都奈良&大阪 道中紀は追々更新していくつもりです。

とりあえず、今日は興奮冷めないうちにちょっちょっと書いています。

 

 読み返していないけど、ま、いいか。

ではまた。