あともう少し

 帯状疱疹になる前に、ブログに書こうと思っていたことが沢山あったのですが、すっ飛びまして、また今日も帯状疱疹ネタです。

 

 初めて痛みが出て、かれこれ50日間くらい経ちます。一時はいつまで続くのかとどんよりしましたが、どうやらあと少しのようです。

9月10日から神経痛の薬も飲み始めて、前回のブログではもう少し痛くなくなったらいいなぁと書いたのですが、翌日からビックリするほど痛みが少なくなって、日に日に廃人から脱していきました。とはいえ病人は病人、薬が切れる頃にはヨロヨロとしましたが。このままずっと神経痛の薬を飲まないといけないのかなぁ~と思いつつ、一週間位して病院へ。

・驚くほど動けるようになったが、薬が効いているからなのかどうかわからない

・神経痛の薬を飲みだして、常にお腹が一杯というような感覚あり、胃が出たような違和感がある 

 など先生に伝えると、

 帯状疱疹が治っていて痛みが減ったのか、薬で減ったのかを薬を飲むのを調節しながら様子をみる事になりました。良い先生でよかったです♪

さっそくその日の夜、痛み止めを飲まなかったら、痛くて夜中に目が覚めたりしたのですが、そのうちに殆ど神経痛の薬を飲まなくてもよくなって、帯状疱疹の痛み止めも飲まなくていい時間が増えていって、肋骨辺りの親玉の塊りがほぐれていって、あともう少しって感じになっています。

背中も忘れた頃にアレ?ちょっと痛いかなという風に、時々帯状疱疹の軽~い痛みが出るのですが、恐ろしい神経痛のびりっと走る痛みは出なくなりました。今のところは。

 廃人のときは何もする気が出なかったのですが、脱したら色々と出来るようになります。とにかく、薬でも何でもいいから気力を出せる状態にすることが回復の始まりだなと痛感しました。

 

 帯状疱疹になって、肋骨の辺りの肉が凝り固まっている感じで、浅い呼吸しか出来なかった時には忘れていたのですが…

 随分前に「”手の親指の関節の所を押すと、息が一段深く吸える”ので、親指に指輪をしているといいよ」と聞いてからずっと指輪をしていたのですが、じわじわじわじわと太っていって、ついに数年前からその指輪も入らなくなっておりました。が、今は5キロくらい痩せたので、久しぶりにしたら深い息が吸えてとても良い感じです。

 あ、痩せたのは帯状疱疹になったからではなくて、一日2食バランス良くしっかり食べるようにしたら、間食する気にならなくて自然に痩せていきました。前が食べすぎだったのです。

食べる時間は「遅めの昼食ととったら次の日の朝食まで固形物を食べない」

 脳内のゴミの掃除にもなるみたいですよ。たぶん。

6月位から始めてずっと続いています。「食前にソバの実を食べる」のも続けています。

 まぁ途中で帯状疱疹になりましたが、病院の先生にこの食事方法でいいかを聞きましたらOKとのことでした。

あと1年くらいかけてあと5キロくらい痩せたらいいなぁ~と思っております。

 

 では。