やっぱり帯状疱疹後神経痛

 やっぱりやっぱり帯状疱疹後神経痛

 前回の薬を2週間飲んでる間、肋骨と背中から圧迫されたような痛みと痺れの上に、ジリジリジリびりびりびりとビームのような痛みと痒みが走り、シッと息をのむというか息が止まるような感じ。左なので心臓まで響くみたい。呼吸も浅い。歩くだけでも響くので、患部を押えて前かがみでゆっくりじわ~っと動く。何もする気にも考える気になれない。けれど、どうしても避けられないものはこなすのでグッタリ。。。。痛みが緩和するかもしれない方法をいくつか知っているものの実行する気力がなく、ただ時間がきて薬を飲むだけの日々。やる気をなくす神経の痛みって凄いな、いつまでこの無気力な日々が続くのかなぁと思いつつ。。。。

 金曜日の朝に薬を飲み終えて、土曜日の午前中に病院に行こうか迷ったけれど、薬を飲まなかったらどれくらい痛いのかも知りたかったので、土日は薬無しで過しました。…土曜日に病院に行けば良かったなー。

 

 月曜日に病院に行き、帯状疱疹後神経痛の薬をいただきました。

圧迫されるような痛みと痺れは弱くなり、歩いてもあまり響かなくなったので、ずいぶん動きやすくなりました。深呼吸も出来るようになり、今までどれだけ呼吸が浅かったかわかりました。大きく吸い込むのと同時に肋骨辺りに痛みが走る事が多いのでビクビクですけどね。でもまぁ薬のおかげで無気力さが消えたので、ちょっとだけ元気になったような感じがします。

けれどけれどけれど、ピリピリちりちりっとして息が止まるような痛みは出ます。

 処方されたのは線維筋痛症にも出される薬で、たしか3段階あるはず。身近に数人飲んでいる人がいるのでこの薬は知っていました。私のは一番軽いほうの錠剤。

今まで病院も化学の薬も嫌いだったのですが、あれだけ気力が出ない状態から抜け出せたのは薬のおかげですから、必要な時にはお世話になることも大事だなとおもう今日この頃。

もっと痛みがないほうがいいなぁ~。