やっぱり帯状疱疹

 11日の夜、急に背中の左側が痛くなって、アレ?これは、帯状疱疹か内蔵かなっと思いつつ、翌日には背中の痛みは消え、代わりに左胸の下に少し違和感を感じだしました。ますます帯状疱疹ではないかと思いましたが、赤い発疹が出ない。盆前で超忙しかったし放置。

 13日には、左胸の下の肋骨辺りの肉に軽い痺れが出て、骨も時々少し痛い感じ。何度見ても赤い発疹は出ていない。盆休みに病院に行くほどの痛みではないので放置。

 14日の日中は同じ状態。夜中に痛みで目が覚めましたが、そんなに強い痛みでもなく、赤い発疹もなかったので、盆明けに病院に行こうと思い放置。

 15日の日中に時々強い痛みは出ましたが忙しかったので、翌日病院に行こうと決意。診療時間を確認する電話しました。

そして夜、赤い発疹が出ました。それから夜中に激痛が始まりました。自分の体内で副腎皮質ホルモンを出すようツボを押してみたり、疲れて眠っても激痛で目が覚めるの繰り返し。何か激痛を和らげるものはなかったかと、フラフラしながら探し出して患部に貼ってじっとして、もう眠らないもんと思っているといつの間にか眠っていました。

 その後は激痛はなくなり、朝イチで病院に行き、家族の主治医の先生に看てもらうと、「コレ問診だけでも帯状疱疹とわかるよ。今多いよ~」「このウィルスは人の弱みにつけ込むんよ。弱った時に悪さするんよ」とのこと。

 確かに。いつもは夏でも暖かい飲み物を多くとっていたのが、今年は氷キンキンの冷たい飲み物を一日中飲んでて、胃に負担がかかっているだろうなぁという自覚はありました。寝るときにクーラーを「ねむリズム」にしてたら暑くて目が覚めて、ふつうに戻したら(28度ですが)寒くて目が覚めて、の繰り返しで寝不足気味。免疫力が低下していたのも納得納得。

発疹が出るまで1週間位かかることもあるそうです。

安静も必要だから入院して点滴で完璧に治す方がいいのですが、入院は出来ないので、キッチリ薬を飲むことにしました。

いや~参りました。歯医者以外で病院に行くことはあまりないのですけど、さすがに帯状疱疹は病院に行かないとね。かかりつけ医はこの先生にしようと思いました。  

 

 病院といえば…、昨年はほぼ初めて眼科に行きました。4回岡山に行った時に結膜炎になって、帰って地元の眼科に行って、治りかけてまた岡山に行ってぶり返して、の繰り返しで治るまで時間がかかて参りました。でもまぁそのお陰というか…、マスカラを止めました。マスカラを忘れて出かけたら出先で買うほど大事だったマスカラを! 目にマスカラのゴミが入ると悪そうだから、止めて良かったです。

 他は、左手親指が痺れた時に整形外科に、耳に炎症が起きたときに耳鼻科に、ワンポイントで行きましたが、その度に病院嫌いに拍車がかかってしまったのです。^^

 

 自力で出来る事と出来ない事がありますね。かかりつけ医を持つことも大切だと思いました。

 

では。