純度100%のスーパーオイル ギー油(ghee)

 たまたま「スッキリ(4月24日放送」をつけてたら、「海外セレブで話題のギー」と聞いた事が無い油のことををやっていました。またココナツオイルのように流行るのかな?ココナツオイルも使ったことないけどと思いつつ見ていたら、自分でも作れると言われたので興味が出ました。

 

アーユルヴェーダにも使われて、とにかく身体に良さそうなインド由来の油が無塩バターだけで作れる のです。

 

滝沢カレンさんのコメントが面白かったのですが、私の感想も正にその通りだったので、番組をご覧になったらいいと思いますよ。(無料動画ナンとか?で観れるそうですね。)

それでは、インド・スパイス料理研究家の香取薫さんのレシピ

材料)無塩(食塩不使用)バター 450g(800円くらい) 

   ※たんぱく質や水分などを取り除き油だけを抽出。5%くらいしか減らないので420~430㏄ 出来るそうです

 

作り方)

1.まず鍋に無塩バターを入れ火にかけ中火で5分焦がさないよう溶かす

 
2.超弱火で30分煮詰める。

  ※家庭用コンロでは火が強すぎるので、餅網を2~3枚重ねて火と鍋の間に空間を作る

  ①15分位経ったら、大きなドーム状の泡になりはじける(これで8~9割出来ている)

  ②さらに10分位経ったら、ドーム状の泡が、蟹がふくような細かい泡になり、鍋の底が見えるくらいの透明な液体になったら火を止める。


3.不織布タイプのキッチンペーパーでこす。

    無塩バターが純度100%の油に変身!常温で1年保存OK.

 

☆不純物が完全になくなっているのか確認する方法


  不純物が残るギーの場合は、

   ティッシュペーパーをこよりにして浸して火をつけたらバチバチと音が鳴る。

 

 不純物がないギーの場合は音が鳴らない。 音がしなければ完璧なギーの完成。(静かにすーっと燃える)

 

ギーは、香りというより「匂い」というか、外国の匂いというか、ちょっと苦手な匂いなのですが…。滝沢カレンさんは「不思議な匂い、嗅いでいいのかわからないような匂い」と言われました。ホントにそんな匂いです。

そして、味が正に「予想外」。「油 油 油という味ではない」と言われる通りです。

あっさりしていてコクがあるのです。

番組ではフレンチトーストをおススメしていました。

バターが焦げだす温度は170度位だけど、ギーは250度くらいなので、焦げ目がついても焦げた味がしない。バター風味なのにバターよりしつこくない。

炒めたり、ドレッシング、コーヒーに入れても美味しいと言われていました。

 

 私は、紅茶(セイロンティー)に入れてみました。まろやかな感じがしました。身体に良さそうな感じ。

 お餅でつくるおかき  にも使ってみましたら、今までで一番美味しかったです。

 

さっきちょっと調べてみたら、素材のうま味を引き出すだけでなく、腸内環境も整え、免疫力も高めるそうです。ビタミンAとE、中鎖 脂肪酸と共益リノール酸が含まれ、美肌やダイエットにもいいそうですし、マッサージなどボディケアにもOKだそうです。

アーユルヴェーダにおいてギーは最も優れたオイル、「最高の油」とされていて、アーユルヴェーダの古典医学書「チャラカ・サンヒター」には、「ギーは記憶力、知力、消化力、勢力、オージャス(活力)を高める効果がある」「「解毒、解熱、疲労回復、滋養強壮などの作用もあり、ギーはその用い方により無数の効果をあげることが出来る」という記述があるそうです。

 

 買うと100グラム1000円以上するみたいですが、作ると100グラム200円くらいでそれなりのものが出来るというのが嬉しいです。

無塩バター(今は食塩不使用バターというようですね)は、業務用スーパーにはありました。40分くらい時間があれば作れるので、興味のある方は作ってみられたらいいと思います。

 

では。