メイク用の化粧パフやブラシは洗っていますか?

 今日は化粧パフ、ブラシの私の洗い方をご紹介しますね。

生的にも経済的にも化粧パフはこまめに洗うことをおすすめします。

特に、パウダリーファンデーションを使っている方は、パフにファンデがついていると顔よりもパフについている量が多いと思いますよ。雑菌も繁殖しているでしょうし。

 石鹸、中性洗剤、専用のクリーナーなど色々ありますので、お好みでいいと思いますが、私は石鹸で洗います。顔も体もいつもの馬油石鹸を使っているので、パフ等を洗う時用に小さくなった石鹸は別にしています。

(お風呂場の石鹸は、小さくなったら新しいのを出して何回か使って、両方濡れているうちにギュッと押し付けて一つにします)

 

1.ぬるま湯でパフやブラシよく濡らして、石鹸にくるくるつけて洗います。石鹸なので泡切れも早いです。私はフェイスパウダー派なので1回でいいですが、油性ファンデの方はすすいでもう一度石鹸をつけて洗うとキレイになると思います。

2.キレイのすすいだら、洗面器のぬるま湯にクエン酸を少し溶かして、パフやブラシをよく浸し、すすぎます。

 

クエン酸で仕上げるとパフもブラシも柔らかな風合いが保てますよ。ごわごわしなくて気持ちいいです。

 

 ★クエン酸は便利です。

洗濯の時も柔軟剤の代わりに、洗濯機の柔軟材入れの所にクエン酸を入れたら、タオルも何年経ってもごわごわしませんしね。(柔軟材が苦手なので)

洗面器も洗剤で洗ってもタンパク質のアカはなかなか取れないので、お風呂の中にクエン酸を入れて、洗面器や椅子を一晩浸けておくと、次の日はカンタンに落ちます。   浴槽もシャボン玉スノールで洗います。

コツは、洗面器にシャボン玉スノールを少し入れて、シャワーのお湯で勢いよく溶かします。すぐに泡が立って汚れがスイスイ取れます。

 

では。