講演会といえば。。。。

昨日、色々な講演会に行ったことを思い出したので、いくつか書いておきますね。

 

元々、「美」美しいものが好きで、ファッションや「美容」→体の中(血液)から美しくするには(食)そして環境…、諸々へと流れて行ったのです。

「食」に関心を持ち出した頃、決定的に今の方向に向うきっかけになったのが、おそらく、

丹羽 耕三(靱負)博士の講演会です。

当時、重度のアトピーだった同僚が、土佐清水の丹羽先生の病院に入院しキレイになって帰って来ました。その時に、「食事や空気が大事で、工業地帯の人などは地元に帰るとまた悪化するらしい」と聞きました。

しばらくして、丹羽先生の講演会があったので、友人を誘って行きました。

活性酸素」「SOD」「過酸化脂質」

今ではふつうにTVなどでも出てくるワードですが、当時は全く知られていませんでした。

「現代病、難病、重症アトピーの元凶は活性酸素と過酸化脂質」

こんな食べ物が体を蝕んでいく」

という内容でした。かなりのインパクトだったので、身近な人に聞いてきた内容を伝えましたが、皆、ちんぷんかんぷんで「ナニそれ?」って感じでした。

世間一般に「活性酸素」が周知されたのは、それから10年は経ってからです。

他にも色々行きましたが、パッ思い出したのは、

安部司氏(食品添加物の 害)や、

安保徹先生(免疫学。)かなり前に何度か行きました。昨年突然死されていたのですね。ビックリ。

平田雅彦先生(「痔は切らずに治す」)

とても興味深かったです。

 

医・食・住 は、機会があればけっこう行っていました。ここ数年はあまり行っていないですね。そろそろ何かに行ったりして?^^

 

では。