ビーワンについて

ノートルダム清心女子大学大学院教授の保江邦夫先生の著書を読んでいると、ビーワンについて書こうと思いました。

 

十数年前はビーワンの講習会にもよく行っていました。元々、美容と健康への探究心が強くて、さらに食、環境、農、医、数、図形、物理、哲学など色んなジャンルに興味が広がり、多くの講演会に行き著書に触れていて、けっこう土台があった為か私はすんなり理解出来ましたが、当時それを伝えるのは難しかったです。(まず、ちんぷんかんぷん だったようですし、宗教っぽいと感じられたり…)

事情があり何年も美容の現場には立っていませんが、ビーワンはずっと使い続けています。数年前にそろそろまたやろうかと思いましたが、まだちょっと早いというか、時期ではなかったので、少しずつ準備だけしておこうと思いつつ。。。。そのうち、時節が来たら本格的にするのだと思います。きっと。

 

ビーワンの開発者の佐藤日出夫先生(今どうされているのかしら?)が、ビーワンを作ろうとした動機は「薬品の毒性を知った」からだそうです。そして、「作ったのではなく、(神様?から)いただいた」と言われていたのが印象的でした。

 

さて、今回はビーワンの根本的な事を書きます。今はどうなのかわかりませんが、当時の佐藤先生の講習会のノートからポイントをご紹介します。このこととヘアリフォーマーがキモだと私は思います。

 

【ビーワンを作ろうとした動機は、「薬品の毒性を知った」から。

  少しでも害のないものを作ろうともの凄く勉強し色々やってみた。

  水でパーマをかけようとし、5年で+-に分けることができ、水でパーマをかけることに成功。しかし、断毛していた。

無害であるはずの水でパーマがかかったのに断毛したのはなぜ?

(そして、どれくらい経ったか忘れましたが、ある時に)

扇風機を表から見たら右回り、裏から見たら左回り」ここからビーワンは始まった。

 

水のパーマはなぜ失敗したか?    水を分解しバランスが壊れたから

分けるから弊害が出ておかしくなる。    バランスをとればいいだけ。

 

ビーワンの目的は地球環境浄化 

 (「ビーワンのシャンプー等が排水溝から川、海に流れて地球が綺麗になるついでに髪が綺麗になる」と言われていました。)

 

意義は人間の心身の浄化と成長

 エネルギーの方向性は利他的に。利他的な心を持つ。正しい判断・決断を。思いの方向性を正す。自己中心的・エゴイストは駄目。

 「宇宙の法則」のベースは絶対善 

 「自然の法則」のベースは利他的。少しでも人の為、社会の為、環境の為…そう思って触る。

 心が利他的で正しい方向性ならば結果は必ず出る。全ては相対の世界。大切なのはバランス。

利他的がベースの「大自然の法則(循環の法則)」は、

エネルギーの発生点は中心。必ず「他」を経由して自分に返ってくる。返ってきたものは大きくなって返ってくる。ものごとは全て相対的。

   (「中心原理」と言われていました。)

物は中心がなかったら存在することは出来ない。だから物はすべて中心から出来ている。

相対の世界には決め事がある。分離・分別・分割・分解しては駄目。分けるから弊害が出ておかしくなる。バランスをとればいいだけ。(水は分解できない)

 

バランスのとり方 (協力的・協同的、協調性、助け合い、譲り合い

 バランスをとるときは自分から。 ☆反省は自己中心的でいい

心を正しく使う。人のせいにしない。もののせいにしない。

 

時代とはエネルギーの流れ。中心エネルギー

 

エネルギーの性質(見えないもの)95%以上

  (見えるものは5%。賢くなる為には見えないものを知ること)

 物を蘇生させる。再生させる。成長させる。進化させる。進歩させる。発展させる。

 人間の思考を(全て?)具現化させる。エネルギーは中心から発生する。発生したエネルギーは働き出したら永遠に働き続ける。

 

ビーワンの中には意識が流れている。水は伝導媒体(エネルギー)意識、思い、考え、愛   使う人の波動と共鳴するように出来ている。注意しながら心を使わなければならない。

 (「髪が綺麗になりたいなりたい」と思いを込めすぎず、海が綺麗になるついでに髪を綺麗にしていただけると感謝しながら使うといい ような事を言われていたと思います。) 】

 

とこんな感じです。今なら理解される方が多いかもしれませんね。

 

ヘアリフォーマーの説明は長くなるので割愛しますが、「図形」を利用しているそうです。図形でバランスをとる。調和・波動を合わせるようです。

 

ビーワンシステムの基本は 

【・「ビーワンバランスなどに薬液(シャンプー剤やパーマ剤、カラー剤などに)を加える」

薬剤の特長を活かしながらバランスを整え毒性を緩和されます。髪や頭皮へのダメージを押えるばかりでなく、心身のバランスを整え、排水により地球環境の浄化の方向へ進めてくれるそうです。

 

・水を入れる。(プレ処理など)

  浸透性に優れたビーワン(水)を頭皮から入れる。高次元のエネルギーにより心身のバランスを整え、薬剤によるダメージを抑えるだけでなく、少量の薬剤でも施術が可能になります。

 

・ヘアーリフォーマーを使う。

  空気中の水分を基点に空気そのものを活性化する。髪や頭皮への水の浸透性をはじめ、パーマやカラーなどの放置時間に使用します】

です。 

 

施術前にプレ処理をして頭皮に水を入れますが、初めてビーワンをする方は入りにくいです。(ガビガビに乾いた土に水をかけても浸透しにくいというイメージ)

特に、髪の毛の痛みが激しい方は、ビーワンのパーマやカラーをする前に、お家でビーワン入りのシャンプー・トリートメントをビーワンのシャンプーのやり方でホームケアをしておいて、頭皮にビーワンの水が入りやすい状態にしておくことをお勧めします。

その際には順番が大切です。★必ず先にビーワンバランスを容器に入れ、後からシャンプー剤、トリートメントなどの薬剤を入れよく混ぜます。

そして、ビーワンシステムのパーマやカラーは、やればやるほど髪の毛がツヤツヤになります。一般的なパーマやカラーと正反対です。

ただ、「心が利他的で正しい方向性ならば結果は必ず出る」と言われていたように、ビーワンは「使う人の波動と共鳴するように出来ている」ので利己的、自己中心的にならないようにすることが大切なようです。

 

とにかく、家でビーワンバランス入りのシャンプーをしていくと、原液のシャンプーを使っていた時とは違ってきますよ。

 もし、このブログをご覧になり、使ってみようかな、でも近くにないなっと思った方は、福岡県糸島市アクアプロジェクトさんに続けやすい買い方もありますので、「あめのひつきで知った」と一言お伝えいただいて、問い合わせいただけると幸いです。

(株)アクアプロジェクト/ビーワン・トリニティの販売/福岡県糸島市

 

 

では。