読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノートルダム大聖堂 アントワープ

フランダースの犬」の涙のラストシーン、クリスマスの夜にアントワープノートルダム大聖堂で、ネロとパトラッシュが美しい絵を見上げ、そのまま天国へ召されるシーン。このアニメを観たある年齢以上の殆どの日本人は涙したと思います。日本人以外は、特に欧米人にはこの感性がないようで、ラストがハッピーエンドに変えられているようですね。舞台のベルギーでもほぼ無名で、日本人観光客が来るからと像や石碑を置くようになったそうです。石碑は某有名日本企業の寄贈で、日本語が入っています。このアニメの制作にほんの少し関わった某有名監督は、「視聴率的には成功したんですが、僕はゴミみたいな作品だと思うんですけどね」と評したとwikiにありましたが、本当でしょうか?ビックリしました。

 

さて、アントワープノートルダム大聖堂 

 

画家 ペーテル・パウルルーベンス

 

f:id:amenohitsuki:20170430172447j:plain キリストの降架

f:id:amenohitsuki:20170430172802j:plain キリストの昇架

f:id:amenohitsuki:20170430172856j:plain  聖母被昇天

f:id:amenohitsuki:20170430173531j:plain

 

f:id:amenohitsuki:20170430172954j:plain     聖母の死

 

キリストの復活」の画像がないです。ブレて削除したのか写していなかったのか。

そういえば、初めに行った時は柱のおじさんの像を写そうとして、何度やっても写らなかったです。おじさんの像の下が撮れるので写されたくないのかな?と思った記憶が。。。。(大英博物館のエジプトの猫さんの時はシャッターが下りなかったです。)カメラって不思議です。

f:id:amenohitsuki:20170430173724j:plain フランダースの犬の石碑

翌年行った時は赤い柵のようなものがありました。撮ればよかったですね。

f:id:amenohitsuki:20170430173925j:plain ノートルダム大聖堂

完成までにほぼ2世紀かかったそうです。今まで修理修繕内部の改装も幾度となく繰り返されているので、ゴシック、ルネサンスバロックロココなど各時代のスタイルが交ざりあって、見事に調和しています。

f:id:amenohitsuki:20170430175105j:plain 現地で買ったガイドブック

 

現地の日本語ガイドブックは買っておきます。写真も綺麗ですし、日本のガイドブックより詳しいですから。

では。