さくら街道 道の駅3駅めぐり

道の駅 おおとう桜街道  のある大任町花としじみの里。桜並木、チューリップや菜の花畑、れんげ畑 などとても美しく気持ちの良い町でした。桜街道も縦横に若い桜の樹を植えて広げているようで、来年、再来年、五年後、十年後が楽しみです。

道の駅 おおとう桜街道 の1億円のトイレは有名ですが、金ぴかの豪華なトイレではなく、トイレ全体で一億円なんだなーという感じです。けれど、そうじも行き届いていますし、色々な陶板やシンプルだけど素敵な花瓶に可憐なお花をさりげなく飾ってありますし、普通の道の駅のトイレとはぜんぜん違います。

物産館(もみじ館)、天然温泉さくら館、フードコート、親子ふれあい子ども広場もあります。

 

道の駅おおとう桜街道 から、美しいさくら並木の街道を桜吹雪の中を車で走り、添田町道の駅 歓遊舎ひこさん へ。

5軒のレストランがありますが、お食事処 ふかくら庵 さんで日替わり定食「うどん、白身魚とアジのフライ(サラダ付き)、ごはん、つけもの」を食べました。私好みの柔らかくて、つるつると喉越しのよい麺、お出汁のきいたうどんもとても美味しかったですし、白身魚とアジフライも美味しかったです! ソフトクリームも食べる気満々だったのですが、お腹いっぱいになったので断念しました。が、物産館から出たら ソフトクリーム小」の文字が! 旬菜坊キッチン農家(バイキング)さんは普通サイズと小があり食べることが出来ました。

他にもお好み焼き屋とパン工房、こどもわくわくパーク があります。

そして、歓遊舎からおおとう桜街道(約6km)のさくら並木を再び堪能し、次の道の駅 香春 物産直売所 わぎえの里(香春町 へ。

途中にめんべい(山口油屋福太郎添田工場)の工場がありました。工場見学も出来るようです。なるほど、だからこの三つの道の駅にめんべいのお徳用も売っていたのだと納得しました。いつか工場見学してみようと思います。

 

道の駅 香春 物産直売所 わぎえの里 さんは、こじんまりとしたいわゆる道の駅っぽい道の駅です。なんとなく生産者さんやお客さんとの距離が近い感じがしますね。お花も新鮮でもちがいいですし、安いです。土曜日は魚屋さんが来られますし、たまに日曜日に高校生が商品開発したスープも売っているようです。

ソフトクリームといえば、あまおうの季節になると、こちらのフードコートのあまおうソフトクリーム が食べたくなりますね。今年はすでに食べたので今回はパスしました。

この周辺は仲哀天皇神功皇后のゆかりの地。神功皇后天神地祇を祭り必勝を祈願し、皇后の御魂を鎮めた御鏡を祀ったのはじまりだという鏡山大神社。大きな地図に名所がいっぱい載っていて、行きたい行きたいとは思っていたのですが…。早々に参拝しなければと思いました。

では。