保江邦夫氏関連の本は面白かった

ここ数日、忙しい合間を縫いながら、空いた時間や眠る前に保江邦夫氏関連の著書を読みに読んでいました。ここ一ヶ月くらいで10冊近く読んでいます。(著書の中で紹介された方のも含めて)テンポも良く、内容も興味深いものばかりなので次々読んでしまいます。以前に速読一日講座を受けた後、トレーニングを続けていたらもっと読めたでしょうに。。。。あ”~。。。(抱いていた速読のイメージと実際とは違っていたので、そんなに甘くないなぁーと。いつの間にかトレーニングも中断していました。訓練のDVDを入れたら、たまたまPCの調子が悪くなったこともありまして。)

 

元々、「いろは」や「ひふみ」など我流で書いていたこともあり、山本光輝先生の「いろは呼吸書法」はだいぶ前に購入していたのですが、読む暇が無くて…。やっと読みましたら、とても素晴らしいです。買っておいて良かったです。(良さそうな本は、ゆとりが出来たら読もうと思ってとりあえず購入しておくので、未読の本が沢山あるのです。)読書が一段落ついたらやってみます。

 

著書の中で紹介された他の方のもいくつか読んだら、とても興味深いものばかりで良かったので、次々に制覇していこうと思っております。

その中でも、一区切りついたらぜひ読みたい本は、

中込照明氏の「唯心論物理学の誕生」です。私は頭はよくないのですが、以前から数学者や物理学者の著書を読むのがとても好きでしたし、保江先生の説明を読んだらワクワクしてきました。

 

ということで、ご無沙汰していたブログ更新は、近況報告をいうことでした。^^

 

さて、明日はお味噌をチェックする日です。楽しみです♪

(月に2回のチェックを忘れないように1日と15日に決めました。)

 

ではまた~。