読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春日大社 

神社仏閣 奈良

f:id:amenohitsuki:20170118230943j:plain f:id:amenohitsuki:20170118230822j:plain

 

「正遷宮初まいり」御本殿前でお参りさせていただく特別参拝をいたしました。やっとできました。

 

新しい桧皮葺のお屋根と新しく塗り替えた「本朱」の御本殿に雪がひらひら舞い落ち、それはそれは美しく、清々しい気持ちになりました。

「本朱」は赤系統の顔料では最も高価で、色に高貴な深みがある硫黄と水銀の化合物で、「丹(に)」とも呼ばれる水銀をベースとした朱が100%の特別な朱 だそうです。この「本朱」100%で塗られた神社は、春日大社を除けばほとんどなく、春日大社でも本朱を使うのは、ご本殿4殿と若宮神社の5つだけだそうです

春日大社宮司・花山院弘匡(かさんのいんひろただ)さんは、

「本朱ならではの、明るく、柔らかく、しかも深みのある尊い色。これこそ、青々と繁った森におわす春日の神様に最もふさわしい色調なのです」とおっしゃったとか。

ここ数年、春日大社さんに何度も特別参拝させていただいておりまして、ちょうど中門の朱を塗られていた様子もちらりと拝見しておりました。その頃、朱について知識もなかったのですが、何か印象的で、失礼ながら写真をとらせていただきました。(訂正)朱ではなく漆喰でした。

f:id:amenohitsuki:20170118220552j:plain f:id:amenohitsuki:20170118231314j:plain

 

この素晴らしい式年造替ですが、まだまだ61の摂社末社の修理があるそうです。皆様も桧皮の寄進をされてはいかがでしょうか?桧皮は一束1000円。振込み(3000円以上で)も出来るそうですよ。

寄進させていただくと、なんだか清々しい気持ちになります。今回も少しさせていただきました。

 

御本殿(回廊内)の特別参拝は初穂料500円です。南門を入りますと右手に「特別参拝受付所」があります。

たぶん桧皮の寄進をしたら特別参拝は無料だと思います。春日大社のクリアファイルもいただけますよ。

そして、今回も「若宮 十五社めぐり」をしました。ぜひぜひお勧めします。

境内南側に、人が生涯を送る間に遭遇する様々な難所をお守りくださる神々が、若宮様を中心にお鎮まりになられております。

夫婦大國社で受付を済ませます。(受付時間 9時~15時)初穂料は1000円。

15枚の玉串札の入ったバッグを受け取り、手水舎で手と口を清めて、一番から順に各神社、遥拝所に玉串札をお納めします。15番目は受付の夫婦大國社でお参りしたら、参拝のおしるしがいただけます。十五社のご朱印と大國様の福槌と福杓文字のお守りの根付け です。

1000円で15社お参りしておしるしまでいただけるなんて、なんてありがたい!頂きすぎですよ。

f:id:amenohitsuki:20170118183206j:plain  f:id:amenohitsuki:20170118183227j:plain

 

HPの「若宮 十五社めぐり」には、

「…各お社には、それぞれにご由緒があり、素晴らしいご神徳を拝することができるのです。  どうか一人でも多くの方がこの15社のお社とご縁を結ばれ、神々様のご神徳によって幸多き素晴らしい人生を歩まれますことを祈念し、「若宮15社めぐり」のご案内をいたします。」

とあります。

以前、率川神社の宮司さんに、お勧めの神社をお尋ねしたら、春日大社の 紀伊神社(11番) がお好きだとおっしゃってました。それから奥の院一番奥の紀伊神社にまでお参りするようになりました。しばらくは「十五社めぐり」に気づかず全部巡っていました。^^  順番通りに巡った方が更に気持ちがいい気がします。そんなに時間はかかりませんよ。みなさんも、良かったらどうぞ。

f:id:amenohitsuki:20170118183314j:plain 境内でいただくご朱印

f:id:amenohitsuki:20170118183350j:plain 夫婦大國社では三社のご朱印を。

f:id:amenohitsuki:20170118231427j:plain