ご朱印帳 

f:id:amenohitsuki:20160920021414j:plain ご朱印

上の右端の天岩戸神社の御朱印帳から始めました。初めの一冊は神社とお寺のご朱印を一緒にいただいています。

赤いご朱印帳は滋賀県大津市の「岩間寺」ぼけ封じで有名なお寺です。松尾芭蕉が「古池や蛙飛び込む水の音」の名句を詠み、俳風を確立したと伝えられているお寺でした。

緑は、「聖林寺(しょうりんじ)」国宝十一面観音さまも有名です。かつては三輪山・大御輪寺(三輪の大神神社の神宮寺のひとつ)の本尊でしたが、明治の神仏分離廃仏毀釈の嵐の中、この十一面観音像は大八車で運ばれ難を逃れたそうです。

白は昨日のブログでご紹介した「興福寺」の限定ご朱印帳です。

下の右は、「厳島神社」のご朱印帳。 名前を入れてくださったのは、隠岐の島の「水若酢神社」ご親切で品の良い宮司様。

真ん中と左の桜の綺麗なご朱印帳は「妙見宮(御祖神社)(妙見神社)」。道鏡事件で国難を救った和気清麻呂公が創建された神社で、足の神社、桜の名所として有名です。狛犬がイノシシなのも珍しいですね。