掃除・洗濯

普通の洗濯は、「しゃぽん玉せっけん」と「トリニティ」を少々

30年くらい前から「しゃぼん玉せっけん」を使っています。私は顔以外の皮膚が弱かったので、色々試して体と環境にやさしい「しゃぼん玉せっけん」を使うようになりました。当時は、あまり売っていなかったので「しゃぼん玉友の会」?に入っていました。

「サービス券」を10枚送ると粗品が貰えるのですが…、そのうちに送ろうと思いつつ48枚たまっています。

f:id:amenohitsuki:20160805012337j:plain

お風呂の浴槽の掃除も、食器洗いもしゃぼん玉せっけんです。

 

食器やふきん、雑巾の漂白、床や窓など室内の拭き掃除、冷蔵庫の除菌・掃除、除菌したい洗濯、シミ取り、洗濯槽の黒カビ除去、トイレ、車の洗車…何から何まで「かわゆい花子」か「サンソリキ」を使います。

なんとなく気分で使い分けていましたが、「花子」にはO-157も除菌できるようです。

f:id:amenohitsuki:20160805014627j:plainサンソリキ1500g 2646円 かわゆい花子1kg 2106円

柔道着や油汚れ、ご高齢の方の洗濯も、つけ置き洗いをすると、どんどんキレイになります。

我家は、毎回長時間濃い濃度でつけ置き洗いをする雑巾が、一番白くて綺麗なような気がします。

ここからは、私の使い方ですので、くれぐれも、メーカーの使用方法をよく読んでください。

私は、洗濯の時はその都度、40~50度のお湯で溶かします。つけ置きせず、溶かした液を洗濯槽に入れるだけの時も多いです。気になる時はつけ置き洗いをします。

★おしゃれ着の時は、おしゃれ着用の洗剤(例えばア○ロンとか)を入れて攪拌し、お湯で溶かした花子やサンソリキを入れて、洗濯槽はぬる~い温度にして洗います。

デリケートなおしゃれ着の食べこぼしのシミは、くれぐれも用心してください。(色落ちしないか?家で洗えるのかを必ず確認しましょう。)

大丈夫だとしても、一度で落とそうとせず、つけ置き洗いはしないで、100倍希釈液をスプレーしてみたり、一度お湯で溶かした液に水を足して、かなりのぬるま湯にして、サッとくぐらせてすぐに洗うなど、用心しています。

★汚れの酷い物の洗濯

汚れが酷いと、お湯で溶かした液がサラっとなるので、私はヌルヌルするくらいの濃度になるように粉を足してつけ置きしています。

★ふき取り要らずの100倍希釈液を作り、スプレーに入れて色々な場所に置いています。

 床や窓など、濃度が濃い過ぎると、乾くと白い粉が残るので、薄い方がいいと思います。

★洗車は、バケツにお湯で薄~い液を作っておきます。初めによく水で埃等の汚れを落としてから、薄めた液をスポンジに付け洗います。そして、水で洗い流します。因みに、車はナンとかコートをしています。

とりあえず、思いつくままで、こんな感じです。

「トリニティ」については、また今度。