読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サムハラ神社

 f:id:amenohitsuki:20170120021421j:plain   f:id:amenohitsuki:20170120021442j:plain

f:id:amenohitsuki:20170120022807j:plain

ご祭神はサムハラ大神。造化三神の天御中主大神、高産巣日大神、神産巣日大神の三柱の総称だそうです。

無傷無病、延命長寿の神さまで合気道の守護神とも言われています。境内には合氣道の道場もありました。

𪮷〓𪮷𪮇は漢字ではなく「神字」で「不思議の4文字で、身を守る」と言われています。

大阪市西区立売堀大阪府警第一方面機動警ら隊の横に鎮座されています。こじんまりとした神社ですが、大阪の強力なパワースポットとしても有名で、参拝者も多かったです。

入手困難の、身に付けているだけで難を逃れられると評判の指輪型の「御神環」はやはり品切れでした。また来なさいということかなと思いました。

正式参拝をお願いし、お札かお守りを選べたのでお札を頂き、別に銭型お守りを頂きました。

f:id:amenohitsuki:20170120021717j:plain 正式参拝のお下がり(というのでしょうか?)。お札はすでに神棚へ

f:id:amenohitsuki:20170120021904j:plain 銭型のお守り

宮司さんの心のこもった祝詞、美しい鈴の音…とてもとても良かったです。

 

さて、合氣道の事ですが、

植芝盛平開祖の最後の直弟子の書道家・山本光輝氏、物理学者の保江邦夫氏 の著書などからまとめてみますと、

 

植芝盛平先生は紀伊半島の田辺出身。

大東流の武田総角氏に習ったのは一ヶ月間。(自宅滞在は三年余り)

・大本の出口王仁三郎氏に見込まれ右腕になる。綾部で守護神 天之叢雲 サムハラ龍王に感応。出口氏から合氣道を名乗れと言われる。

・蒙古で匪賊に襲われ銃撃戦になるが弾よりも早く身をかわし当たらなかった

・同郷の九鬼隆治氏と出会う。すでに九鬼神流の免許皆伝を東京で受けていた植芝盛平氏は九鬼隆治氏から九鬼神流の秘奥を習う。

植芝盛平開祖の合気道の最初の正式名称は、サムハラ龍王と九鬼神流を合わせた「九鬼武産(さむはら)合気道

・関西でサムハラ合氣道を始める(播磨の高御位神宮~熊野本宮の道場)

茨城県岩間に移り合気神社を建立(九鬼隆治氏を名誉宮司に招く)

・隠居後、岩間に籠るが大阪にはよく行き、九鬼神流時代の稽古仲間たちとサムハラ合気道の稽古を楽しんだ

 

と、こんな感じでしょうか。通説とはちょっと違うようですね。

 

 

合氣道

実は、合氣道を始めました。

え?なぜ?なんでイキナリ?  とお思いのそこの貴方。^^

9月頃から、テレビをつけてもイキナリ合氣道が。しかもめったに観ないチャンネルで。本を読んでも、ネットでも、「合氣道」「合氣道」「合氣道」が目に飛び込んできていまして、これは習うべきなのかしら? と思いました。

伏線もあったというか…。。。平成15年からご朱印をいただくようになり、いろいろな神社を巡っておりました。その頃は高千穂、熊本方面が多かったです。

そのうちに知人から高千穂の 荒立神社 もいいよと聞きまして、良いと聞けばとりあえず行ってみようというアクティブな時期でしたので、さっそく行って参りました。

猿田彦命(さるたひこのみこと)と天鈿女命(あめのうずめのみこと) の2柱が主祭神です。芸能と縁結びの神様で、芸能人、有名人も大勢参拝されています。

なんとか着きまして、ご朱印宮司さんに書いていただきましたら、「まあ、上がんなさい」と、本殿の上に御神体のお二方の像が祭られている所に入れていただき、色々お話をしてくださいました。ちょうど予約していた方が、1時間くらい遅れると連絡があったようでした。瞑想とか宮司さんに相談する方が予約するようでした。

その時、宮司さんから、「古武道(術)を習いにここに通わないか?」とお誘いいただきました。遠いし、武道どころか運動の経験も神経もないので通いませんでしたが、その時から古武道の事が頭の片隅にありました。かれこれ10年前くらいの事でした。

そんなこともあり、合氣道について調べたり、合氣道の開祖植芝盛平氏の本を読んだり、道場を探したりしておりましたら、繋がっているというか、よくわからないけど聞いた事があることばかりでビックリしました。

たとえば、なんとなく良さそうで買うだけ買って読んでいなかった呼吸法の本の著者が植芝盛平先生の最後の直弟子だったとか、弾に当たらない…とか災難から身を守ってくれるすごい神様のお守り みたいなのを知人からいただいていて、財布に入れていたサムハラさまが植芝盛平先生と合氣道の守護神だったとか。他にも昔聞いて知っていたけど、よくわからなかった事などなどいくつもありました。 

ということで、さて、どこの道場にしようかと迷っていたら灯台下暗し。

曜日も時間もちょうどいい、しかもコスパも良いところが、頻繁に行く所にありました。ちょうど10月から始まるのでキリもよかったですし、ご縁ですかね?

とりあえず、やれるところまでやってみようと思い更新しました。

 

サムハラ神社について書こうを思っていましたが、もう遅いのでまた今度。

新薬師寺

薬師寺さんも大好きなお寺です。昨年は時間がなくて行けなくて、残念で残念で。。。。。

 

秋だったか、お気に入りの番組「新TV 見仏記」(みうらじゅん さんと いとうせいこう さんの仏像巡りが楽しい番組)で、新薬師寺さんの日本最古の十二神将 が登場(再放送?)しました。TVで観ることができて嬉しかったのですが、ますます行きたくなってまして、今回行くことができて本当に良かったです。

 

「新薬師寺」さんは、天平時代には「十大寺」の一つに数えられた大寺でしたが、今は二十分の一位になっているこじんまりとした名刹です。薬師寺さんより古いお寺です。「新」は新しい新ではなく、霊験あらたかなの「あらたかな」という意味で、あらたかな薬師寺ということで、薬師寺さんとは関係ないそうでうよ。

ご本尊の薬師如来坐像と11体の十二神将は国宝です。「円形の須弥壇」に安置され十二支の干支をそれぞれを守られていてます。自分の干支の神将さんにロウソク(30円)お供えしたり、願い事を絵馬みたいに祈願できるようです。

薄暗い本堂に今にも動き出しそうな神将さま。なんと表現したらいいか…素敵です。

 

・いぬ --- 伐折羅(バサラ)大将 
・ひつじ --- アニラ (アニラ)大将 
・たつ --- 波夷羅(ハイラ)大将 
・ね --- 毘羯羅(ビギャラ)大将 
・うさぎ --- 摩虎羅(マコラ)大将 
・ゐのしし --- 宮毘羅(クビラ)大将 
・うし --- 招杜羅(ショウトラ)大将 
・とら --- 真達羅(シンタラ)大将 
・うま --- 珊底羅(サンテラ)大将 
・とり --- 迷企羅(メイキラ)大将 
・さる --- 安底羅(アンテラ)大将 

・み --- 因達羅(インダラ)大将 

 

本堂手前の左側には、鎌倉時代作の重要文化財「地蔵堂」。薬師如来地蔵菩薩・十一面観音の3体が祀られているのを格子越しに観ることができます。綺麗ですよ。

 

4月、「おたいまつ」のあと行われる修二会(お水取り)は、ご本尊の薬師如来座像を目の前に祈りがささげられます。 途中からか「○○の大明神」と全国の神社の神様のお名前を読み上げられます。つくづく日本は神仏習合が自然なかたちだと思います。

f:id:amenohitsuki:20170118233742j:plain

 

f:id:amenohitsuki:20170118233056j:plain f:id:amenohitsuki:20170118233018j:plain

f:id:amenohitsuki:20170118233714j:plain

 

境内にもお社が、お隣には「鏡神社」 比賣神社(ひめがみしゃ)があります。

ぜひ、一緒にお参りされてはいかがでしょうか。

 

 f:id:amenohitsuki:20170118234805j:plain     f:id:amenohitsuki:20170118234915j:plain 

 

春日大社 

f:id:amenohitsuki:20170118230943j:plain f:id:amenohitsuki:20170118230822j:plain

 

「正遷宮初まいり」御本殿前でお参りさせていただく特別参拝をいたしました。やっとできました。

 

新しい桧皮葺のお屋根と新しく塗り替えた「本朱」の御本殿に雪がひらひら舞い落ち、それはそれは美しく、清々しい気持ちになりました。

「本朱」は赤系統の顔料では最も高価で、色に高貴な深みがある硫黄と水銀の化合物で、「丹(に)」とも呼ばれる水銀をベースとした朱が100%の特別な朱 だそうです。この「本朱」100%で塗られた神社は、春日大社を除けばほとんどなく、春日大社でも本朱を使うのは、ご本殿4殿と若宮神社の5つだけだそうです

春日大社宮司・花山院弘匡(かさんのいんひろただ)さんは、

「本朱ならではの、明るく、柔らかく、しかも深みのある尊い色。これこそ、青々と繁った森におわす春日の神様に最もふさわしい色調なのです」とおっしゃったとか。

ここ数年、春日大社さんに何度も特別参拝させていただいておりまして、ちょうど中門の朱を塗られていた様子もちらりと拝見しておりました。その頃、朱について知識もなかったのですが、何か印象的で、失礼ながら写真をとらせていただきました。(訂正)朱ではなく漆喰でした。

f:id:amenohitsuki:20170118220552j:plain f:id:amenohitsuki:20170118231314j:plain

 

この素晴らしい式年造替ですが、まだまだ61の摂社末社の修理があるそうです。皆様も桧皮の寄進をされてはいかがでしょうか?桧皮は一束1000円。振込み(3000円以上で)も出来るそうですよ。

寄進させていただくと、なんだか清々しい気持ちになります。今回も少しさせていただきました。

 

御本殿(回廊内)の特別参拝は初穂料500円です。南門を入りますと右手に「特別参拝受付所」があります。

たぶん桧皮の寄進をしたら特別参拝は無料だと思います。春日大社のクリアファイルもいただけますよ。

そして、今回も「若宮 十五社めぐり」をしました。ぜひぜひお勧めします。

境内南側に、人が生涯を送る間に遭遇する様々な難所をお守りくださる神々が、若宮様を中心にお鎮まりになられております。

夫婦大國社で受付を済ませます。(受付時間 9時~15時)初穂料は1000円。

15枚の玉串札の入ったバッグを受け取り、手水舎で手と口を清めて、一番から順に各神社、遥拝所に玉串札をお納めします。15番目は受付の夫婦大國社でお参りしたら、参拝のおしるしがいただけます。十五社のご朱印と大國様の福槌と福杓文字のお守りの根付け です。

1000円で15社お参りしておしるしまでいただけるなんて、なんてありがたい!頂きすぎですよ。

f:id:amenohitsuki:20170118183206j:plain  f:id:amenohitsuki:20170118183227j:plain

 

HPの「若宮 十五社めぐり」には、

「…各お社には、それぞれにご由緒があり、素晴らしいご神徳を拝することができるのです。  どうか一人でも多くの方がこの15社のお社とご縁を結ばれ、神々様のご神徳によって幸多き素晴らしい人生を歩まれますことを祈念し、「若宮15社めぐり」のご案内をいたします。」

とあります。

以前、率川神社の宮司さんに、お勧めの神社をお尋ねしたら、春日大社の 紀伊神社(11番) がお好きだとおっしゃってました。それから奥の院一番奥の紀伊神社にまでお参りするようになりました。しばらくは「十五社めぐり」に気づかず全部巡っていました。^^  順番通りに巡った方が更に気持ちがいい気がします。そんなに時間はかかりませんよ。みなさんも、良かったらどうぞ。

f:id:amenohitsuki:20170118183314j:plain 境内でいただくご朱印

f:id:amenohitsuki:20170118183350j:plain 夫婦大國社では三社のご朱印を。

f:id:amenohitsuki:20170118231427j:plain

 

レオン君

f:id:amenohitsuki:20161226233142j:plain ロックオン?

f:id:amenohitsuki:20161226233215j:plain 可愛い

f:id:amenohitsuki:20161226233320j:plain 可愛い可愛い