コスモス

f:id:amenohitsuki:20181110013847j:plain

 先日、農事センターにコスモスを見に行きました。コスモスの迷路が見頃だとTVでやっていたので。背の低い種類のコスモスなので近くで見てもキレイでした。8だいたいコスモスは遠くから見ると綺麗だけど、近づいたらアレー?って感じなのでね)

ただ…、TVで見るよりずっとこじんまりとしたコスモス畑です。

ここはバラ、梅園、ポニーにカピバラ、季節の植物などだいたいなんでもあるけど、スケールは小さめ。だけど、そこがいいのです。

駐車場から近いし、坂道はあるけどそんなにきつくない。介護施設の車椅子の方々も多いです。幼児やお年寄りにももってこいです。駐車場代300円だけで入場無料。(ひまわり市場で買い物をしたら100円引き)

 

f:id:amenohitsuki:20181110013902j:plain

f:id:amenohitsuki:20181110015545j:plain バラ園にもバラが。秋のバラは香りが良いです。

 

f:id:amenohitsuki:20181110014000j:plain 展望台から見た景色

f:id:amenohitsuki:20181110014019j:plain

f:id:amenohitsuki:20181110014039j:plain 飼育されている和牛などの堆肥は無料でいただけます

ビニール袋も用意されていますが、「次回からは持参してね」です。

車に積んでも全然臭くないです。

 

 

 

帯状疱疹 その後

 最初に痛みが出てもうすぐ3ヶ月です。

今は、あと少しってとこです。

先週病院に行って、「帯状疱疹後神経痛の痛みは全くなくなり、薬を飲み忘多く、もう治ったかと思ったら、時間がきたら帯状疱疹のチクッとした痛みが出る。塊りはとけてはいるがまだ残っている。9割治っているけどあと少しがなかなか治らない。」と主治医に伝えると、

飲み薬は一日2回、初めにもらっていた塗り薬をまた追加して様子をみることになりました。

1週間経って、チクチクした痛みも殆どなくなったのですが、まだうすーく何かがある感じ。飲み薬は一日1回か2回、塗り薬も念のために塗って様子をみています。

先週は、年内に完治できればいいなぁ と思っていましたが、この調子ならもうちょっと早いかもしれません。あとちょっとが意外にしつこいのでわかりませんけどね。

 帯状疱疹後神経痛がなくなっただけでありがたいです。あのままずっとあの拷問のような恐怖の痛みが続いていたら…。。。。恐ろしいです。ブルブルッ

まぁまだ完治はしておりませんが、帯状疱疹になって良かったこともあったから、まいっかって感じです。

 

 では。

 

 

 

 

奈良京都&大阪④ 興福寺 元興寺

 

 10月11日 興福寺落慶慶讃法要 結願

 

朝から雨でした。

朝起きるとまたもや筋肉痛。2足の歩きやすい靴を履いても爪の色が変わっていました。

レインコートと大きめの傘、サブバッグの中身も防水を完璧にして、筋肉痛と帯状疱疹の回復期の体でヨロヨロしながらバス停へ。

興福寺最寄の県庁前で降りると、またもや不思議な事に筋肉痛はすっかり消えて、体調もよくスッスと歩けました。

興福寺さまの聖域のパワーが凄いのだと感じました。

受付をすませ、クロークでサブバックを預けて、入口でポンチョを頂いて席に着くと、パイプ椅子はびしょびしょ。雨の中ポンチョを着る時にも濡れました。傘させないのでポンチョのフードをキッチリしめようとしたら紐が外れてしまい、手持ちのマスキングテープで補強して、本格的な雨の中、式典が始まるのを待っていました。(雨だから遅めに行ったので、待つのは少しでしたけど)

 

 

f:id:amenohitsuki:20181105011538j:plain 

すると、だんだん小雨になっていき10時にはほぼ上がり、法要が始まるとピタッと止みました。ほんと凄かったです。さすが興福寺さま。

法要は、中金堂前の広場ではなく、中金堂の中で行なわれましたのは少し残念でしたが、とてもすばらしかったです。詳しくは後日のTV放映でご覧いただくとして…、印象的だったのは、外国人の僧侶の方が講問の問者 で、その方の声がビンと響いて…良かったです。

法要の間は一滴も雨は降らなかったのですが、終わるとほぼ同時にポツポツと降ってきました。興福寺さまの凄さをひしひしと感じました。

 

法要後の中金堂の見学がなかったからか、ご朱印と瓦寄進の建物に行列がなかったので、また瓦寄進をしました。10日は「感謝」、11日は「〇〇家先祖供養」にしました。(いつも神社では神恩感謝、お寺では先祖供養 なので)

 

 さあこのあとどうするか? 元興寺と率川神社に参拝出来たらいいなぁと思いつつ、まずはならまちを通って元興寺へ。極楽堂(本堂)や収蔵品をじっくりみて、ご朱印帳を受取に受付にいくと、「元興寺(塔跡)が開いている」と教えていただきました。以前一度行ったことがありましたが、勧められたら出来るかぎり行きたいわたくし。なるほど、電気が点いていたのでちゃんとお参りできました。

f:id:amenohitsuki:20181105011820j:plain

 新幹線の時間があるので、率川神社はまた今度にしようと思い、来た道から帰ろう思ったら、長い紐に繋がれた猫ちゃんが道を塞いでいたので、反対側から帰ることにしました。

この辺りも何度も来ているので、なんとなく土地勘があって、バス停に向ってバスを待つより、歩きの方がいいような気がしてどんどん歩きました。たぶん率川神社さんの前を通るだろうなぁと思ったらやっぱり!猫ちゃんありがとう、来た道を帰ったら今回は行かなかったと思います。

 率川神社さんには大神神社への遥拝所があります。ご無沙汰している大神神社さんに向っても参拝できて良かったです。

 

 今回の奈良京都&大阪4日間は、

できれば行きたいなぁと思っていたところには全部行けましたし、粟田神社さん、みうらじゅんさんのトークライブにも偶然行けましたし、筋肉痛も消えるは、帯状疱疹で弱りきってた体もかなり回復して元気になったようで、 とてもとても良かったです。 

 興福寺さま、春日大社さまのパワーは凄かった です。

 

ということで、読み返していないので、文章がおかしかったらすみません。写真はまた今度UPしますね。

では。

 

 

奈良京都&大阪③ 興福寺 サムハラ神社

 10月10日、興福寺中金堂落慶慶讃法要へ…ですが、

帯状疱疹の治りかけに加えて、連日の坂道階段歩きで、朝起きてから筋肉痛で体中がギシギシして、そろりそろりとしか動けませんでした。ところが、外回りのバスに乗り、県庁で降りた瞬間から体が軽くなりサッサと歩けたのです。

すっごーい!さすが興福寺さま。

感動に浸る余裕もなくまずは落慶法要の受付へ。

法要までは時間があるので、南円堂と中金堂でご朱印をいただき、宝物殿と東金堂をサッサッと見学しました。

興福寺さんのご朱印は朝7時から17時まで書いていただけます。法要が終わってからだと長蛇の列でしたので先に頂いていて良かったです。

 

 さて、いよいよ落慶慶讃法要。

f:id:amenohitsuki:20181105010549j:plain f:id:amenohitsuki:20181105010610j:plain

比叡山延暦寺厳修」はとてもとても華麗で荘厳で…。

私では上手く表現が出来ないので、きっと後日、Nスペか何かで特集があるはずなので、それをご覧いただければと思います。

 

f:id:amenohitsuki:20181105011029j:plain

f:id:amenohitsuki:20181105011059j:plain

 

f:id:amenohitsuki:20181105010820j:plain

 

 ホテルを出ると今にも雨が落ちてきそうだったので、コンビニで大きめの傘を買いましたが、法要が終わるまで1滴も降らなかったのも凄いと思いました。

 

 法要が終わり,、中金堂の中を見学させていただきました。

ピカピカに塗り替えられた木造釈迦如来坐像を中心に、重文の薬王菩薩・薬上菩薩立像、国宝木造四天王立像(広目天増長天多聞天持国天)、重文 木造大黒天立像、重文 厨子入り木造吉祥天倚像(厨子だけ?)、法相柱 。

20日から一般公開されています。年中無休9時~17時(入堂は16時45分まで)

 

 

f:id:amenohitsuki:20181105013219j:plain 法要で頂戴した記念品

 (美しい散華。そのうち額に入れようと思います。)

中金堂見学のあと、瓦寄進をしようとしましたが、長蛇の列だったので、大阪 サムハラ神社に行くことにしました。

近鉄奈良駅に向かうときには雨が降り出して、なんばで乗り換え 阿波座駅に着いたらけっこうな雨。2番出口から出て、右の方へ行くと6~8分で着きます。

前回は大阪のホテルからタクシーで行ったので、阿波座駅から徒歩は初めて。

方向音痴気味で地図を読むのも苦手。事前に行き方を調べていて、なんとなく頭に入れて、念のためにタブレットも持って行っていたのですが雨だから出さずに、自力でわりと簡単に辿り着きました。

けれど、帰りは途中でわからなくなって人に聞きました。調べた道より簡単だったんだーって感じでした。

 

 靴ずれと足の爪も痛くなったので、瓦寄進は明日にしようかなぁと思ってホテルに戻り休憩。翌日は朝から雨の予報。法要はどうなるのかと思いましたし、薬も飲んでちょっと楽になったので、再び興福寺へ。

瓦寄進をすませて、明日の法要は雨でもあるのかを尋ねると、「雨でもあるよ。たぶんポンチョを渡されるよ」とのこと。

 ポ、ポンチョだけ??? 天気予報ではかなりの雨みたいでしたので…、覚悟しました。

 

続きと写真はまた後日に。

 

追)瓦寄進をしたら、ストラップか散華がいただけますよ。

f:id:amenohitsuki:20181105013446j:plain

 

f:id:amenohitsuki:20181105013540j:plain

 

 

 

 

 

 

奈良京都&大阪 ②春日大社 新薬師寺など

 

 10月9日は御創建1250年の春日大社をじっくり参拝しようと思っていて、前日にHPをのぞいたら、ちょうど9日は【重陽の祭り】だったので、10時頃に着くように出かけました。

外回りバスの氷室神社で降りて氷室神社を参拝し、春日大社一の鳥居から参道へ。やっぱり一の鳥居からが気持ち良いですね。

まずは祓戸神社から。近くに牡鹿雌鹿の燈籠もありますね。

 万燈籠には奉祝御創建1250年、ご先祖さまのあの世での幸福を祈願する"冥福向上の祈願" 春日大社祖先祭 のが貼られていました。(表現は貼るでいいのでしょうか?)ありがたいことにうちにも送っていただいておりました。貼っていただいたところは見れなくても、御先祖様も喜んでいただけたと思います。

f:id:amenohitsuki:20181105010333j:plain

 

 

拝殿のお賽銭箱の辺りから、重陽の祭りを見学させていただき、桧皮を少しだけ寄進して、ご朱印を頂きました。氷室神社で前のがいっぱいになったので、限定ご朱印帳をいただきました。

f:id:amenohitsuki:20181105002011j:plain

水谷九社めぐり(たしか1500円) をしました。御祈祷所受付で申し込みます。ずっと気になっていたお社だったのでし良かったです。参拝をすませ祈祷所へ戻りご朱印とお守りを頂きました。

国宝館でランチをして、国宝館へ。

「春日若宮おん祭での舞楽の演奏に用いられる日本最大級の鼉太鼓を展示した鼉太鼓ホール」の、だ太鼓は、興福寺に貸しだされていました。

f:id:amenohitsuki:20181105002121j:plain f:id:amenohitsuki:20181105002205j:plain

そして、若宮15社めぐり(1500円)へ。夫婦大國社が受付です。順番に参拝し夫婦大國社に戻りご朱印と記念の品を頂きました。

 ツアーで参拝する時は時間が無いので、15社めぐりまでは出来ないので、個人で訪れる時は必ずします。とても清々しいですよ。

以前に比べてだいぶ増えましたが、まだまだご存知無い方が多いので、紀伊神社まで行かれる方は少ないので静かで良いですよ。案外欧米の方とすれ違うことが多いです。

 

 大好きな新薬師寺さんへどうやって行こうかと思っていましたが…、二の鳥居の近くから650メートルで行けるのです。病み上がりではなくまだ病みの途中で、体力に自信はなかったのですが、薬も飲んだし、歩いて行ってみました。お隣の鏡神社に先にお参りして新薬師寺へ。

薬師如来と日光月光菩薩、ほぼ等身大で日本最古最大の十二神将。何度見ても素敵です。

 

 もうここで足の限界かなぁと思っていたら、和室でビデオが放映されていたので、鑑賞したらだいぶ楽になったので、わりいしバス停まで歩いてバスでホテルへ。

今までは市内はタクシーか歩きばっかりだったのですが、今回バスを利用したらとても便利でした。安いし、便は多いし、タクシーを呼んでもすぐ来ないですしね。

疲れたし、温泉につかろうかと思いながらゆっくりしていたら、元気になったので、夜の興福寺も素敵なので下見がてら行ってみました。大好きな南円堂にお参りして、中金堂はどんな感じかと行ってみると、「当日券あり」何かわからなかったけど、まだ入れるかと聞いてみたら大丈夫とのこと。しかも無料! 感謝しながら入口へむかうと、大好きなみうらじゅんさ、んといとうせいこうさんのトークショー♪ ラッキーの100乗。とても面白かったです。とくにみうらじゅんさんのセンスと人柄が好き。じゃんけんでプレゼントを貰える10人を決めていて、最後12人が残った時に、「2人下ろすのは可哀想。あと2つない?サインすればいいんだから」と。ほんと自然に優しい人柄が表れていました。私は早々に負けましけど、見ていて気持ちが良かったです。素敵なひと時をありがとうございました。

f:id:amenohitsuki:20181105003602j:plain 

 f:id:amenohitsuki:20181105003634j:plain テープカットの時は撮影OKでしたm(__)m

 トークショーの後は中金堂の中を見学させていただけました。ラッキーが重なって、ちょっとテンション上がりました^^

f:id:amenohitsuki:20181105004405j:plain

 

みうらじゅんさんお気に入りの緑の興福寺のバッグ、私も愛用しています。瓦寄進や中金堂の工事見学したら貰えたので、7枚くらい貰っていたような。何枚が友達にあげたけど。バッグ イン バッグ に丁度良いです。ストールやカーディガンを入れるのに便利です。

f:id:amenohitsuki:20181105003830j:plain 他にも数枚使用中あります

 

 

 奈良は行く度に好きさが増します♪

 

写真はまた今度UPします。では

 

 

 

 

 

奈良京都&大坂① 京都編 粟田神社 など

 

 興福寺中金堂落慶慶讃法要 参列の案内ハガキを頂いた時に、今回は京都経由で行こうと思いました。何度も何度も京都に行っていましたが、なぜか今まで八坂神社には行った事がなくて、次は絶対に行かねばと思っていました。知恩院にもまた行きたかったですしね。

 返信ハガキを出してから、あの帯状疱疹の激痛の日々。きっと大丈夫、参列は出来るはずだと思っていましたが、はたして法要の間もつかなと不安もありました。

神経痛の薬を飲みだして数時間は動けるようになるとすぐにヨロヨロしながら緑の窓口に行って一番後ろの席を取りました。スーツケースを棚に上げるのは絶対に無理。ネットで取ろうとも思いましたが、慣れない事をする気力もなかったですから。

それから順調に回復して行ったので、出発の前日、さて、京都では他にどこに行こうかと。三十三間堂にも行った事がなかったし駅の近くなので、時間と体力があれば三十三間堂。あとは、知恩院八坂神社円山公園の近くでどこかないかなぁ~と検索していたら、青蓮院門跡に目が止まりました。

 

 京都駅では地下の「手荷物預かり所」(700円)を利用します。いつもそうしていますし、京都宿泊の場合はホテルに荷物を運んでくれますので手ぶらで観光が出来て便利ですよ。

エスカレーターで1階に上がったらバス乗り場が見えるので、三十三間堂や八坂神社(祇園)行きはDのりばへ。 個人旅行はニモカなどの交通ICカードが必需品。とても便利ですね♪ 

まずは祇園で降りて信号を渡って八坂神社へ。正門は赤い鳥居(西楼門)ではないので、右へ歩き一つ目の角を曲がり坂を上がって行くと、すぐに左手に鳥居(南楼門)があります。

f:id:amenohitsuki:20181016235059j:plain

本殿、疫神社、大年社、太田社、蛭子神社大国主社、大神宮社、美御前社、悪王子社、日吉社、刃物神社、祖霊社、厳島社等を参拝して、ご朱印を頂きました。御神水、美容水もお忘れなく。

玉光稲荷社、命婦稲荷社をお参りして、八坂神社をあとにして円山公園へ。

 

知恩院に行く前に、「いもぼう本家」さんで昼食。大きいほうでなく、下のこじんまりした方に行きました。海老芋と棒鱈の煮物が有名で、お土産買った「いもぼうろ」もとても美味しかったです。

 

   

 

f:id:amenohitsuki:20181027235115j:plain

f:id:amenohitsuki:20181018011119j:plain

そして知恩院へ。境内は工事中が多かったです。御影堂の竣工は来年ですからね。

お線香と精進カレー、生八橋などを購入。駅で買えば良いのになぜか知恩院で買ってしまいました。重たいのに。。。。

ご朱印をいただいて、青蓮院へ向かいました。石段を下り下り門を出て右に曲がり歩いていると、法被を着た方々が大勢おられました。何かな?と思いつつ青蓮院が工事中で入れない様子。記念に写真をパチパチ。すると目の前を「木札はいかがですか~?」と氏子さんが行ったり来たりされていて、とても気になったので「(氏子じゃないけど)私もいいですか?」と声をかけると「どうぞどうぞ」とのこと。青蓮院が工事中なので、今年は外(駐車場)で粟田神社神幸祭の神輿担ぎ出しの神事が営まれているそうでした。なんというグッドタイミング♪

f:id:amenohitsuki:20181016235151j:plain

 実は、なんと前々から参拝したいと思っていた粟田神社さんの大祭!

以前、近くの粟田山荘で食事をしたことがあって、通りすがりに粟田神社の鳥居を見て、夜だったので参拝できずとても残念だったのです。いつかお参り出来ればいいなぁと思いつつ、ここはドコ?状態でした。

 ところで神社はどこですか?とも聞きにくいし、かなり近いはずだし御神幸の行列についていって神社がありました。坂道を上り境内へ。

参拝をして写真を撮ったら、なんか凄いのが撮れました。たぶん神楽殿みたいな所です。

f:id:amenohitsuki:20181016234817j:plain

 

  この偶然というより絶妙なタイミングで御神幸に出会う のはけっこうあるのです。必然かなと思います。スサノオさま系には呼ばれている感じがします。

 

粟田神社(感神院新宮)は、最近、刀剣好きの若い女性に 大人気だそうです。きっかけは何でも神社に心を向けるのはいいと思います。

 

f:id:amenohitsuki:20181104235759j:plain  鍛冶神社 f:id:amenohitsuki:20181104235835j:plain

 

 

そして、三十三間堂へ。やっぱり圧巻ですね。

 

ちょっと、欲張りすぎた感じの京都でした。

 

写真はまた今度。

では。