御寺(みてら)泉涌寺と 薄雲御所(うすぐもごしょ)慈受院門跡

  以前にお参りした御寺(泉涌寺)さん。まだ書いていなかったですね。

皇室の菩提寺香華院なので「御寺(みてら)」と称されています。

御所から移築された大門、泉涌水屋形、舎利殿、仏殿、三世仏、鳴き龍、楊貴妃観音像、海会堂、御座所、黎明殿、宝物殿、鬼瓦…涅槃像 (非公開や特別拝観など色々)

 

f:id:amenohitsuki:20190612235357j:plain
目が光る鬼瓦(ある場所から見上げると)

f:id:amenohitsuki:20190612235512j:plain

f:id:amenohitsuki:20190612235535j:plain

御座所庭園

f:id:amenohitsuki:20190612235558j:plain

f:id:amenohitsuki:20190612235623j:plain

美しい楊貴妃観音さまの写真を額に入れました。

f:id:amenohitsuki:20190613004820j:plain観音堂にお線香もありましたよ。品のある香りです。

 

 

 

そして、 皇室ゆかりのお寺でとても素敵だったのが、

皇室、将軍家 、摂関家より住持が入山する尼門跡寺院比丘尼御所であり、薄雲御所(うすぐもごしょ) とも称される慈受院(じじゅいん) 慈受院門跡さんもです。

いつもは「拝観謝絶」ですが、たまに特別公開されることもあるようですね。

f:id:amenohitsuki:20190613003522j:plain

f:id:amenohitsuki:20190613004847j:plain

写真集やはがきも美しいです。

f:id:amenohitsuki:20190613004950j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

やけど

  土曜日の昼前に火傷しました。びっくり。

かつお醤油」を作っていました。鍋に、酒100CCと水500cc、そして鰹節(だしの力)25gを火にかけて、沸騰したらしょうゆ100ccを加えて再沸騰して火を止める はずが、

この沸騰したかつお醤油が鰹節を共に降ってきて、皮膚の柔いところに直撃。すぐに流水で冷やしたら2×5㎝くらい皮がぺろってむけました。

最近、この長年使いこんだステンレスの鍋がね、沸騰したらボコんボコんと音がするようになってて、ああ、もう鍋底が薄くなったから駄目だなとは思っていたのです。でもね、ふきこぼれないタイプでちょうどいい大きさだったから、ちょっと温めるくらいしか使わないようにしてたし、つい捨てそびれていました。

それがどうしてだか、いつもは他の鍋を使うのに…、あの日はつい使ってしまったのです。

順調に醤油を加えて温度が下がったから、ちょっと洗い物をしてたら、ボコんボコんと例の音がしだしたので、すぐに消そうとちょっとかがんだところで、今までで一番大きなボコんっという音とともに、かつお節いりかつお醤油がドバっと降ってきて服の隙間から皮膚を直撃!!!!!

 

手当は、まずは常備している姫路の天然水のアクアーリオをコットンに浸したのにアサイゲルマウォーターを加えて冷やして馬油を塗る を繰り返しました。

今回は、アサイゲルマSをアサイゲルマウォーターで飲みました。お陰様で痛みもなく、夜にはお風呂に入っても全然しみませんでした。

ただ、手当する時に、天然水のアクアーリオをスプレーすると月曜日まではしみました。(傷があるとというか、ひどい時はしみるのです。軽い傷くらいは全然しみません。口に入っても問題ない。なにせ「水」ですから。)

 

◎火傷の傷に、アクアーリオと馬油を塗って、アサイゲルマウォーターとアクアーリオを浸したコットンを滅菌ガーゼに包んで貼り、テープで止める

◎一日2~3回アサイゲルマSを飲む(たまにアサイゲルマウォーターで)

 

これだけで、やけどの痛みもなく順調に回復しています。テープのところの方が痒くなるので、テープ無しにしてることが多いです。

 

 家族の為にアサイゲルマニウムを注文していたのですが、まさか私がこんなに早く実感するとは^^

不幸中の幸いでした。

 あの鍋は捨てて、丈夫で美しい日本製の三層構造のステンレスの鍋を買いました。

初日は写真を撮るどころでなかったので、翌日から撮ったので、また今度画像を追記するつもりです。

 

 では。

追)

 

f:id:amenohitsuki:20190523225150j:plain やけどの翌日

f:id:amenohitsuki:20190523225935j:plain 3日目 

f:id:amenohitsuki:20190523230051j:plain 4日目

f:id:amenohitsuki:20190524001822j:plain 6日目

 

ついでに、帯状疱疹の名残の塊がずっとあったのが、小さくなって存在感が薄れてきている気もします。

f:id:amenohitsuki:20190527005546j:plain 8日目昼

f:id:amenohitsuki:20190527081431j:plain 9日目朝

f:id:amenohitsuki:20190529174728j:plain 10日目

f:id:amenohitsuki:20190529174205j:plain 11日目朝

f:id:amenohitsuki:20190530235610j:plain 12日目朝 

 

 

 

あ、マグネシウム

 あ、TVをつけたらマグネシウムの番組をやっています。慌てて録画しました。

最近になって、ずっと寝かしていた「マグネシウムと私」という、浅井一彦博士の本を読みだしていました。まだ第一章「ゲルマニウムと私の人生」を読んだところです。

昭和7年 東京帝国大学法学部を卒業し、外交官試験に合格した浅井氏が、外務省試験係官が官報の合格者名義に氏の名前を載せなかったというミスにより、合格はうやむやにされ、外交官にはならず(けれど外交官パスポートは持っていた)、企業の駐在員としてドイツに派遣され、石炭の研究をし、それから十数年後に石炭中から原子番号32のゲルマニウムを抽出し、世界中の喝采を浴びる という数奇な運命。偶然ではないであろうエピソードの数々。

 さあ、次は第二章「私のゲルマニウム」!と思っていたところで、注文していた本が届いたので、先にそっちを読んで、ちょうど読み終わった瞬間、数分後にゲルマニウムの番組が始まりました。

 これは久しぶりにブログに書こうと思ったしだいです。

そう、久しぶり。。。

ブログに書きたいことは山ほどあるのですが、日々やることが多すぎて、後で後でと思っていたら、次々に。。。。

カット講習もね、続けていますが、結局大事なことは既に書いていることの積み重ね。

一言でいうと、「カット講習に行った方がいいですよ」ですかね。。。。

 

 あ、番組終わってしまいました^^

ではでは。

 

 あら、カテゴリーに 興味深い本 がない。。。ということは…まぁいいですよね。^^

 追)

 後で読もうと思ってはや13~14年。 こんな風に寝かしている本が沢山あります。とりあえず、買っておかないと手に入らなくなりますのでね。ほんと買ってて良かったです。

 

 

 

 

 

静電気除去刷毛ブラシ

 数年前に急に静電気が酷くなってしまい、車のドアも自販機も、スーパーのカートを押してもバチっと火花、トイレで手を洗う時も、自動で水が出る蛇口では水から静電気でビリビリするという、毎年静電気におびえる冬を過ごしておりましたが、今の冬はなぜか大丈夫でした。

 なので、忘れていましたが、思い出したので書いておきます。

f:id:amenohitsuki:20190227015849j:plain

宇野刷毛ブラシ製作所さんの静電気除去ブラシ

 手植え植毛。静電気除去繊維をひと束ずつブナの台座に植え込んだ手づくりで、毛材と埋め込まれた銅板で放電する構造だそうです。ちょっとお高いけど、静電気除去スプレーを使えない時もあったのでとても助かりました。

 

 <宇野刷毛ブラシ製作所>
精密ブラシなど特殊な製品が製作できることで知られる。特殊な化学繊維から伝統的な本物の良さを伝える天然毛まで、お客様の用途に応じて製作している。フェイスブラシなどの生活用品はひと束ずつ手植え仕上げ。オーダーメイドも可能。

 

 ネットでも買えるようですが、私はソラマチの5階 「産業観光プラザ すみだ まち処」でみつけました。

実は、江戸時代から続く技法で野菜の砂糖漬けを作り続けている、日本で唯一の和菓子屋「向じま 梅鉢屋(ムコウジマ ウメバチヤ)」さんの野菜の形を残した芸術品のようなお菓子が、ソラマチ5階にも売ってるということで行ってたのです。

 他にも色々好みの品がありました。ニッポンってすごいなぁ。

 

では。

 

 

 

 

梅 綱敷天満宮 奈良漬け屋さん

f:id:amenohitsuki:20190227004711j:plain

f:id:amenohitsuki:20190227005055j:plain

数日前の築上郡の綱敷天満宮の梅。他の梅はまだまだこれからでしたが、今はだいぶ開いていると思います。梅の時期が来ると行きたくなる神社です。

「梅まつり」の時に、「豊前一粒かき」が出店している時があります。天神祭?とても美味しいですよ。

もうひとつ楽しみなのが、近くの無添加の奈良漬け屋さん「奈良漬さろん安部」さん です。10号線沿い。(JR椎田駅から約500メートル、椎田インターより車で5分 )

数年前に知人から教えてもらいました。本当に美味しいです。

私は昔、祖母が作る浅い奈良漬けが大好きだったのですが、一般的な奈良漬けは濃いすぎてちょっと苦手意識がありました。安部さんの奈良漬け、とくに浅漬け【従来の奈良漬の製法と違い、一回限りの本漬けで漬け込んだ、あっさりとした味わいの期間限定(9月~3月)の商品】は、私好みでとてもとても美味しいです。

f:id:amenohitsuki:20190227012514j:plain

となりはクリームチーズ(スモーク)

第59回NIPPON OMIYAGE AWARDにて「SALON DE AMBRE 奈良漬×クリームチーズ」が、食品部門では最高賞となる農林水産大臣賞を受賞

 

f:id:amenohitsuki:20190227012452j:plain

 

何度もテレビや雑誌に取り上げられ、デザインアワードや秘書が選ぶ手土産など、たくさんの賞に選ばれているそうです。

 

厳選された材料、添加物は一切使用しない「無添加・無着色・低塩」すべて手作業。

 

HPより抜粋

琥珀神(こはくかんさ)は、当家に伝わる昔ながらの製法を守りつつ、
現代の味好に合うように塩加減をできる限り浅くし、
従来の奈良漬とはひと味違うさっぱりした味に漬け込みました。


美味で芳醇な香り、深みのある琥珀色を大切にして、
つねに最良の状態でお届けできるよう心がけております。
琥珀神はある程度日持ちいたしますが、酒成分独特の風味を損ないますので
樽出し調整日より二か月以内が最適かと存じます。
どうぞお食事やお茶うけのひとときにお召し上がりくださいませ。」

 

当店の奈良漬について|奈良漬さろん安部
naraduke-salon-abe.jp/naraduke.php

 

f:id:amenohitsuki:20190227013320j:plain

 

 

 

 

f:id:amenohitsuki:20190227013357j:plain ウエッジウッドのお雛様もお気に入り

f:id:amenohitsuki:20190227013414j:plain 

ラビちゃんも梅の時期っぽい衣装にしました。え?ピンぼけって?。。。。

 

 

PCが新しくなったからか、久しぶりのブログだからか貼り付ける写真の大きさが変えられない。。。。。

では。