読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:amenohitsuki:20170523012259j:plain

f:id:amenohitsuki:20170523012342j:plain

f:id:amenohitsuki:20170523012536j:plain

f:id:amenohitsuki:20170523012520j:plain

f:id:amenohitsuki:20170523012611j:plain

f:id:amenohitsuki:20170523012455j:plain

f:id:amenohitsuki:20170523012401j:plain

f:id:amenohitsuki:20170523012431j:plain

 

 

 

f:id:amenohitsuki:20170523012554j:plain

 

f:id:amenohitsuki:20170523012318j:plain

響灘緑地グリーンパークのバラの祭典「春のバラフェア」絶賛開催中。開催期間は5/13(土)〜6/11(日)まで 320種 2,500株の美しいバラです。

f:id:amenohitsuki:20170523013854j:plain

5月26日(金)、27日(土)、28日(日)は夜間ライトアップされます(雨天中止)。19時から入場無料ですが、駐車場代は300円です。夜間のは南ゲートのみ開きます。17時に一旦閉園になりますので。

詳しくはHPで確認してくださいね。

バラの苗 50種類800株が販売されていましたが、売切れも多かったです。昨年の秋に白と肥料を買い順調に育っています。今年は変わった色のと肥料を買いました。楽しみです。(肥料は1月と8月の分と、3月~10月に月二回入れるのと2種類あります。)

そして“バラの相談コーナー”もありましたよ。

グリーンパーク内にはひびき動物ワールド(入場料 一般:300円  小・中学生:150円)があって4種250頭のワラビー、カンガルーがいます。可愛いです。

他にも色々あるので楽しいと思いますよ。グリーンパークの入場料 が一般100円 小・中学生50円 幼児無料 駐車場も普通車300円 なのも嬉しいです。

 

「合気眞随  愛魂、舞祈、神人合一という秘法」 読了しました。

保江邦夫著「合気眞随 愛魂、舞祈、神人合一という秘法」を読了しました。

 

前にも書きましたが、昨年の9月に入ってから、テレビをつけたら「合気道」、本を読んでもネットを見ても思わぬところで「合気道」…。頭の片隅にも以前TVで見てちょっと印象的だった「合気道」が…。。。。こういう暗示のように何度も出てくる場合は、これは習えってことなのかなと思いまして(経験上)、いろいろと道場を探すと、これまた縁のある場所にちょうどよい感じの道場がありました。

「なぜ私が合気道を?」と不思議でしたが、とりあえず、「合気神髄―合気道開祖・植芝盛平語録」を読んでみたらしっくりはきました。ただ、それでも、「運動神経のない体を動かすことが嫌いな私が武道?なんで?」という思いはずっとありました。

しかし、保江邦夫先生の著書を沢山読んで合気道に対してとても興味が出てきておりますが、この「合気眞随 愛魂、舞祈、神人合一という秘法」に、「合気」は、元々神社で神主と巫女が密かに行っていた神前の儀式」とありますし更に「合気」を身につけたくなりました。

前置きが長くなりましたが、それではザックリとまとめてみようと思います。(とても大事だけど載せない部分もあります)

 

・「とは、人が神を降ろし神と一体になるための祈りそのもの。神人合一によって神と一体になって無敵の境地を体現することにより、敵意ある攻撃からその身を守るという秘法こそが「合気」の真髄」

世阿弥「心を空にして神が下りてくることが舞」「踊るのではなく神に踊らされるのが舞」

・「合気道神道」であり、合気道の動きは祝詞に合わせた「舞」

大東流(元は「やまとりゅう」と呼ばれていた)における「合気」は、元々神社で神主と巫女が密かに行っていた神前の儀式で「手乞い(別名 「御留め技」「御式内(ごしきうち)」の中心的な役割を果たす働き

・「手乞い」は古事記に記述があり、そもそも神主が神様を降ろし、か弱い巫女が体格の大きな男を投げ飛ばすという神秘的な行だったらしい

・手乞いのような行はユダヤ教や、古代オリンピックレスリングなどにもある。レスリングではそれぞれの控え室に瞑想部屋があり神官が神が降りてきたのを確認して試合が始まっていた

会津藩家老 西郷頼母は「手乞い」の行司を務めた神職で、いつでも神降ろしが出来た

武田惣角の父は会津藩の宮相撲の力士(神職)・剣術家であり、長男が亡くなり次男の惣角が西郷頼母に預けられるが、短期間で逃げ出した

合気道開祖 植芝盛平翁は、「私の武術は九鬼神傳の武道である」と語られ、九鬼神傳天眞兵法の巻物も数巻傳はって居り、また九鬼家の宗司する艮の鬼門金神を奉斎している旨を語られた

藤平光一師範の心身統一合気道の初期の頃の昇段試験では、「禊ぎ祓いの祝詞」を正座して一時間以上奏上できなければ合気道の技に進めなかった…藤平先生ご自身からは、これは剣の達人として名高い山岡鉄舟が伝えていた行であり、剣術や合気道に限らずあらゆる武道の根幹となっているとの話があった

合気道の正式名称は「天之叢雲(あめのむらくも) 九鬼武産(さむはら)合気道

会津藩家老 西郷頼母神職として継承していた「手乞い」あるいは「御式内」の秘儀はいったん失伝したかに見えたが、九鬼神流の神伝秘法を修得した植芝盛平翁により蘇った

・スイス在住の池田昌富師範は合気道の技をなさるときは常に祝詞を奏じておられていた

・ロシア武術「システマ」のミカエル・リャコブ師  「神への祈りで大切なのは、神に自分のことを好きになってもらえるような自分になるためであり、単に強さを神に求めるのではない。…~ロシア正教に伝わる秘儀としての礼拝時における聖歌が重要となり、聖歌を唱和している限りは決して暗黒のものが入り込むことはない」

・合気眞随、それは神を人を結ぶ…ループ状の線路と途中駅の総称(神=神道=舞=祈り=舞祈=愛魂=神降ろし=慈愛=言霊=人)であり、その上を駆け巡って行くならば神人合一の境地に至ることが出来る我々人類に与えられた秘法。清く、明るく、美しく生きている人であれば、誰もが皆至ることが出来る高天原たかあまはら)。

 

では。

 

 

 

 

今日も薔薇

 

f:id:amenohitsuki:20170513222214j:plain

またまた種類がわかりませんが、去年鉢植えで買った薔薇です。地植えにして元気に咲いてくれました。

薔薇はいいですね。

薔薇

f:id:amenohitsuki:20170513021101j:plain

f:id:amenohitsuki:20170513022122j:plain  蕾はこんな感じ

 

昨年、鉢植えで買った薔薇を地植えにしました。品種が書いてあった紙がどこかにいったので、名前はわかりません。

f:id:amenohitsuki:20170513022436j:plain

写し方が悪いけれど、直で見ると花はとても可愛いです。

5月 前下がりのワンレン

f:id:amenohitsuki:20170511233411j:plainノーブロー。とかしただけです。

5月はマスタークラスは人数が少なく、長年ずっと講習に来ているメンバーだけでした。〇〇さんのリクエストで、久しぶりの「前下りのワンレン」。

f:id:amenohitsuki:20170510234009j:plain 詳しく細かくじっくりやっていただきました。

 

前下りのワンレンは大好きです。どう振ってもスッとおさまりのいい襟足になってよかったです。

カット講習に長年通っていると得るものは必ずあります。ちょっと習って(一年1クール)すぐに辞める人はもったいないと思います。確かに基本は習えても、ちょっとしたことで全然違うので。先生はとても親切でいつも丁寧に教えてくださいますが…。

継続は力なり。そして、意外な繋がりがあるようです。

私がベーシッククラスの時は、初めにハサミの開閉や手首を柔らかくする練習がありました。カットも立ち位置が重要ですし、キツイ体勢でしないと、切りたいようにちゃんと切れないので全身筋肉痛になったものです。ラウンドで切るとき等は手首が柔らかくないとハサミが入りにくいですし。おかげさまで手首や肩が柔らかくなっていて、側面や裏の裏の毛を切る時にもすんなりハサミが入るのですが、思いもよらぬ良い効果がありました。

合気道にも手首の柔らかさが必要でした。ハサミは右で持ちますが、カットには切る体勢で左手がとても重要なので、左手の手首も肩もとても柔らかくなっていました。やってて良かったと思いました。

体は前屈も床につかないほど硬いのですが。。。。(それも今、つくように本気で努力している最中です。)

 

そうそう、4月のカット講習はタイトルがつけられないスタイルでした。

f:id:amenohitsuki:20170511011704j:plain トップは下ろすとこんな感じです。

 f:id:amenohitsuki:20170511011729j:plain

 

襟足の土台をしっかり作り、オーバーセクション、サイド、色々組み合わせでした。

シェイプ、コームの回転、側面、何度もクロスチェック、立ち位置や左手のヒジを上げる…インで切る、アウトで切る、Cカール…。講習に行くと、再確認というか、いろいろ意識しますのでいいと思います。

 

 

ビーワンについて

ノートルダム清心女子大学大学院教授の保江邦夫先生の著書を読んでいると、ビーワンについて書こうと思いました。

 

十数年前はビーワンの講習会にもよく行っていました。元々、美容と健康への探究心が強くて、さらに食、環境、農、医、数、図形、物理、哲学など色んなジャンルに興味が広がり、多くの講演会に行き著書に触れていて、けっこう土台があった為か私はすんなり理解出来ましたが、当時それを伝えるのは難しかったです。(まず、ちんぷんかんぷん だったようですし、宗教っぽいと感じられたり…)

事情があり何年も美容の現場には立っていませんが、ビーワンはずっと使い続けています。数年前にそろそろまたやろうかと思いましたが、まだちょっと早いというか、時期ではなかったので、少しずつ準備だけしておこうと思いつつ。。。。そのうち、時節が来たら本格的にするのだと思います。きっと。

 

ビーワンの開発者の佐藤日出夫先生(今どうされているのかしら?)が、ビーワンを作ろうとした動機は「薬品の毒性を知った」からだそうです。そして、「作ったのではなく、(神様?から)いただいた」と言われていたのが印象的でした。

 

さて、今回はビーワンの根本的な事を書きます。今はどうなのかわかりませんが、当時の佐藤先生の講習会のノートからポイントをご紹介します。このこととヘアリフォーマーがキモだと私は思います。

 

【ビーワンを作ろうとした動機は、「薬品の毒性を知った」から。

  少しでも害のないものを作ろうともの凄く勉強し色々やってみた。

  水でパーマをかけようとし、5年で+-に分けることができ、水でパーマをかけることに成功。しかし、断毛していた。

無害であるはずの水でパーマがかかったのに断毛したのはなぜ?

(そして、どれくらい経ったか忘れましたが、ある時に)

扇風機を表から見たら右回り、裏から見たら左回り」ここからビーワンは始まった。

 

水のパーマはなぜ失敗したか?    水を分解しバランスが壊れたから

分けるから弊害が出ておかしくなる。    バランスをとればいいだけ。

 

ビーワンの目的は地球環境浄化 

 (「ビーワンのシャンプー等が排水溝から川、海に流れて地球が綺麗になるついでに髪が綺麗になる」と言われていました。)

 

意義は人間の心身の浄化と成長

 エネルギーの方向性は利他的に。利他的な心を持つ。正しい判断・決断を。思いの方向性を正す。自己中心的・エゴイストは駄目。

 「宇宙の法則」のベースは絶対善 

 「自然の法則」のベースは利他的。少しでも人の為、社会の為、環境の為…そう思って触る。

 心が利他的で正しい方向性ならば結果は必ず出る。全ては相対の世界。大切なのはバランス。

利他的がベースの「大自然の法則(循環の法則)」は、

エネルギーの発生点は中心。必ず「他」を経由して自分に返ってくる。返ってきたものは大きくなって返ってくる。ものごとは全て相対的。

   (「中心原理」と言われていました。)

物は中心がなかったら存在することは出来ない。だから物はすべて中心から出来ている。

相対の世界には決め事がある。分離・分別・分割・分解しては駄目。分けるから弊害が出ておかしくなる。バランスをとればいいだけ。(水は分解できない)

 

バランスのとり方 (協力的・協同的、協調性、助け合い、譲り合い

 バランスをとるときは自分から。 ☆反省は自己中心的でいい

心を正しく使う。人のせいにしない。もののせいにしない。

 

時代とはエネルギーの流れ。中心エネルギー

 

エネルギーの性質(見えないもの)95%以上

  (見えるものは5%。賢くなる為には見えないものを知ること)

 物を蘇生させる。再生させる。成長させる。進化させる。進歩させる。発展させる。

 人間の思考を(全て?)具現化させる。エネルギーは中心から発生する。発生したエネルギーは働き出したら永遠に働き続ける。

 

ビーワンの中には意識が流れている。水は伝導媒体(エネルギー)意識、思い、考え、愛   使う人の波動と共鳴するように出来ている。注意しながら心を使わなければならない。

 (「髪が綺麗になりたいなりたい」と思いを込めすぎず、海が綺麗になるついでに髪を綺麗にしていただけると感謝しながら使うといい ような事を言われていたと思います。) 】

 

とこんな感じです。今なら理解される方が多いかもしれませんね。

 

ヘアリフォーマーの説明は長くなるので割愛しますが、「図形」を利用しているそうです。図形でバランスをとる。調和・波動を合わせるようです。

 

ビーワンシステムの基本は 

【・「ビーワンバランスなどに薬液(シャンプー剤やパーマ剤、カラー剤などに)を加える」

薬剤の特長を活かしながらバランスを整え毒性を緩和されます。髪や頭皮へのダメージを押えるばかりでなく、心身のバランスを整え、排水により地球環境の浄化の方向へ進めてくれるそうです。

 

・水を入れる。(プレ処理など)

  浸透性に優れたビーワン(水)を頭皮から入れる。高次元のエネルギーにより心身のバランスを整え、薬剤によるダメージを抑えるだけでなく、少量の薬剤でも施術が可能になります。

 

・ヘアーリフォーマーを使う。

  空気中の水分を基点に空気そのものを活性化する。髪や頭皮への水の浸透性をはじめ、パーマやカラーなどの放置時間に使用します】

です。 

 

施術前にプレ処理をして頭皮に水を入れますが、初めてビーワンをする方は入りにくいです。(ガビガビに乾いた土に水をかけても浸透しにくいというイメージ)

特に、髪の毛の痛みが激しい方は、ビーワンのパーマやカラーをする前に、お家でビーワン入りのシャンプー・トリートメントをビーワンのシャンプーのやり方でホームケアをしておいて、頭皮にビーワンの水が入りやすい状態にしておくことをお勧めします。

その際には順番が大切です。★必ず先にビーワンバランスを容器に入れ、後からシャンプー剤、トリートメントなどの薬剤を入れよく混ぜます。

そして、ビーワンシステムのパーマやカラーは、やればやるほど髪の毛がツヤツヤになります。一般的なパーマやカラーと正反対です。

ただ、「心が利他的で正しい方向性ならば結果は必ず出る」と言われていたように、ビーワンは「使う人の波動と共鳴するように出来ている」ので利己的、自己中心的にならないようにすることが大切なようです。

 

とにかく、家でビーワンバランス入りのシャンプーをしていくと、原液のシャンプーを使っていた時とは違ってきますよ。

 

では。