チョコレート

フィンランド 古都ポルヴォーのチョコレート」の記事をよくご覧いただいているようで、ありがとうございます。

 チョコレートといえば、やはりベルギーだと思います。ゴディバやノイハウスなど王室御用達のお店はもちろんのこと、もう少しお手軽なレオニダスとか、日本に出店しているお店もありますし、ベルギーのチョコはとても美味しいですね。

かなりお手軽なチョコレートもハズレがないというか。。。。食べたチョコレートは全部美味しかったです。

 

ここは初めて行った時、お店は可愛いし、パッケージも可愛いし、ちょっとしたお土産にちょうどいいチョコレートもあって、買ってみたら味もなかなか美味しかったので、行ったら必ず寄っていました。

f:id:amenohitsuki:20171109233950j:plain ブリュッセルブルージュに何軒もありました。

f:id:amenohitsuki:20171109233848j:plain

f:id:amenohitsuki:20171109235610j:plain  同じ系列みたいです

 

たぶんもう行けないと思いますけど…、

ベルギーのチョコレートと、オランダのチーズ、イギリスのイギリス人がふつうに飲む紅茶(特にスーパーで売っていたイングリッシュブレックファスト)は、とてもとても好きな物たちでした。

では。

甲冑武具展 

遊就館所蔵の甲冑武具展にも行きました。

甲冑って奥が深そうですね。

「変り兜」

長~いウサギさんの耳の兜 「黒漆塗兎耳形兜鉢(くろうるしぬりとじなりかぶとばち)にクギづけになりましたよ。びっくり。

f:id:amenohitsuki:20171105151016j:plain

 

 豊臣秀吉が大津の京極家に贈ったものだそうです。兎は便捷に前進するので、意匠として好まれたそうですね。

他にも沢山ありました。芸術的です。

 

興福寺中金堂再建記念特別展 運慶展 東京国立博物館 

先日、東京に行った時、時間がちょっとだけあったので、本館か法隆寺館だけでも見ようと思って行ったら、なんと21時まで開いている日だったので、運慶展 まで見れました。

やっぱり凄いです。あちこちで作品を観ていましたが、これだけ集まっていると圧巻です。全部素晴らしいのですが、特に、袖のひらひら が凄かったです。人も多いし今回はイヤホンガイドも諦め、とにかく空いているところを観て、本物を目に焼き付けて、説明は図録やTVで後でおさらいしよう という鑑賞法にしました。

 

興福寺さんも縁があるというか、ツアーや個人旅行でかなりの回数お参りしています。

花祭りで甘茶をいただいたり、中金堂再建の工事中の公開の時も行けましたし、中金堂瓦寄進は何枚もしているので、来年が楽しみです。

f:id:amenohitsuki:20171105002638j:plain f:id:amenohitsuki:20171105002706j:plain

f:id:amenohitsuki:20171105002734j:plain H27年 興福寺「中金堂再建現場」特別公開

 

そして、国宝・重文だらけの法隆寺宝物館にもビックリ! 本館の常設展も良かったですし、ぜひ行かれたらいいと思います。

ちょうど小腹がすいから、ホテルオークラ ガーデンテラスでパンケーキセットを食べました。とても美味しかったです♪ 

 

足袋スニーカー 

f:id:amenohitsuki:20171104185613j:plain f:id:amenohitsuki:20171104185427j:plain f:id:amenohitsuki:20171104185521j:plain

 

数年前に奈良のtabi-jiさんで購入したタビスニーカー。しかも二足。

すごく可愛いのが沢山ありましたが、「黒なら履ける!はず」と、かなりウキウキして買ったのですが。。。。地元では履く勇気がなく、いえ、一度は勇気を出して街で履いた事があります。でも、なんだかちょっと。。。。ストレッチしてた時には履いたりもしましたけど、ただいまお蔵入り状態です。

地下足袋って格好良いと思うのですが。。。。子供の頃から、渋いなぁ~掃きたいなぁ~と思っていました。近頃ではパリなど海外でもクールと評判で、お洒落なパリジェンヌが地下足袋を履いて颯爽と歩いているのは格好いいけれど。。。。

足袋をとりあげたドラマもやっていますし、ぜひ足袋スニーカーを履いても二度見されないようになったらいいなぁと願っています。

 

奈良の猿沢の池の手前の二階にお店がありました。

 

f:id:amenohitsuki:20171104182336j:plain f:id:amenohitsuki:20171104185905j:plain f:id:amenohitsuki:20171104184739j:plain

朝倉郡東峰村宝珠山 カネダイさんの、手作りみそ「おみその学校」 

f:id:amenohitsuki:20171102013117j:plain

 

 カネダイさんは7月の北部九州豪雨で工場も自宅も被災されました。たまたまTVで観ましたが、工場は社員さんやボランティアさん達の頑張りで、わりと早く稼動されていたそうです。とても美味しいお味噌です。

 カネダイさんの手作りキットは、昨年、敬愛する年上のお友だちから教えていただいて、今回で3回目の購入です。作り方は以前書いていますが、とても簡単です。カテゴリー「美味しいもの」にあります。

看板と名刺を作ってくれた友達にも紹介したら、とても気に入ってくれました。

美味しいし、被災地支援にもなりますし、一度試してみられてはいかがでしょうか?

手作りキットも、出来上がった味噌もありますし、色々な商品がありますよ。乾燥した高知県産黄金しょうが「蒸し乾しょうが」もとても便利でおススメです。

f:id:amenohitsuki:20171102013146j:plain

 

 先日、天皇皇后両陛下が被災地に訪問されましたね。まだまだ大変そうで時間がかかりそうですが、一日も早い復興を願っております。

 

 

カネダイの手作りみそ(おみその学校)

 

 

 

石けん洗顔と特殊な水だけ(ほぼ) 。。。。

 顔は「石けん洗顔と特殊な水」だけ(ほぼ)なのですが、最初からそうだったわけではなかったです。

 昔はかなりの乾燥肌だったので、化粧水 乳液 美容液 保湿クリーム、モイスチャークリーム、パック、クレンジングオイル、アイメーク専用のジェル…色々なメーカーのをフルセットで使いました。すると、色々つければつけるほど、もっとしっとりする物が必要になったり、「化粧品」の成分等がわかってきて、だんだん自然派化粧品へ変えていきました。

 そして、某有名洗顔石鹸を使った時に、基礎化粧品を止めました。

正常に肌が生まれ変る「肌の新陳代謝(ターンオーバー)」の邪魔になると思ったからです。

「基礎化粧品(乳液クリーム等)でいつもしっとりさせている事は、古い角質を糊のようにくっつけているようなもので、アカとなって落ちず古い角質が分厚くなる」と思って。。。。。

 某有名洗顔石鹸では、基礎化粧品を止めていく過程にはオイルを使いました。

「たっぷりのキメの細かい泡で優しくW洗顔して、特殊な水をつけて、すぐにはオイルをつけず、10分とか20分後につける。時間をだんだん延ばしていき、最終的にはオイルを止める」という感じだったと思います。

 しばらくはつっぱりカサつきで大変でしたけど、肌を甘やかさずに自分の皮脂を出せるようになり、「石鹸洗顔と特殊な水」で十分になりました(真冬に1~2回ほほうるるを借りてつけたり、シワが気になったら露風をつける時はありましたが)。楽です。

 

 肌への栄養は食べ物から。

肌は「排泄器官」ですが、消化・吸収器官ではなく、皮膚から栄養は吸収しないそうです。ですから、食べ物が大切だということで、

 化学調味料を殆ど体内に入れず、「ま(豆)ご(ゴマ)わ(ワカメ海藻類)や(野菜)さ(魚)し(椎茸きのこ類)い(芋類)」の食事をし、白砂糖、白米、牛乳 をなるべく避ける。そう、なるべく。

 何年間も玄米を食べていましたが、炊飯器を変えてから好きな焚き加減にならないので、今は時々です。白い炊飯器の方がちょうどいい好みの硬さに仕上がって良かったのです。残念。

そして、気づかぬふりも大事だと思う今日この頃。そればっかり気にしたら何も食べられなくなるので。

 

では。

 

 

 

まわりてめぐる。。。。?

まわりてめぐる…朝、この言葉がふと浮びました。

 

f:id:amenohitsuki:20171030125053j:plain   ポワンさんにて

 

 

 実は28日29日に、お友だちのポワンさんのお店で、二日間だけ「あめのひつき」を出店しました。出店というか…主に「ビーワン」を知っていただく、体験していただく試みです。

 ここ数年間、目が回るほど忙しかったので、自分が使うだけでしたが、そろそろまた伝えていかないといけないなぁ~と、思っていたところ、ポワンさんが「ウチでやってみる?」と言ってくださり実現しました。

 第一回目の今回は、知り合いのアート作家さんお2人にモデルになっていただきました。

 ビーワンは一般的なヘアケアとは全然違うので、言葉で説明するより、ビーワンお水のトリートメントを体験してもらって、しばらくお家でビーワンのシャンプー&トリートメントを、ちゃんとしたやり方をしてもらったら、なんとなくわかっていただけるのではないかな~と。

f:id:amenohitsuki:20171030132640j:plain ビーワンの水のトリートメント ヘアリフォーマーで水(空気)を入れます

 昔、縮毛矯正とアイロンのやりすぎで、とうもろこしのヒゲのようにボロボロになった私の髪の毛も、ビーワンのおかげで「髪がキレイね」と言われます。頭皮と顔は一枚皮だから、頭皮や髪がキレイになると肌も。年齢よりもだいぶ若く見られます。

 顔は、ビーワンではありませんが、馬油石鹸をよく泡立ててダブル洗顔し、あとはアクアーリオをつけるだけ。!そういえば、一時期、シワが気になった時は露風(らおふぁん)をつけてましたね。ちょっと高いのでどうしようかなぁ~と思っていたら、忘れていました。

私は馬油石鹸ですが、ご自分の好きな石鹸でもいいと思います。化粧品や乳液、クリームをつける場合は、アクアーリオを先につけたり、化粧水やクリーム等にアクアーリオを混ぜて使うと良いと思います。

 ビーワンのバランスやアクアーリオは、モノの良いところを更に活かして、悪いところはバランスをとり、少なくするそうなので。

  使い方のポイントを押さえれば、簡単なのです。

 

 「ビーワンの水にシャンプーやトリートメントを入れた液が排水溝から川、海に流れ、蒸発して空気になり雨になり…その循環で地球が、宇宙が綺麗になるついでに、人間の髪や体が綺麗になる」ので、多くの方が使ってくださると、早く綺麗に浄化されて行くそうです。

 もし、このブログをご覧になり、使ってみようかな、でも近くにないなっと思った方は、福岡県糸島市アクアプロジェクトさんに続けやすい買い方もありますので、「あめのひつきで知った」と一言お伝えいただいて、問い合わせいただけると幸いです。

(株)アクアプロジェクト/ビーワン・トリニティの販売/福岡県糸島市

 

そうそう、タイトルの「まわりてめぐる」ですが、

ここ数年忙しすぎて、怒涛のように月日が流れて行きました。忙しくて忙しくて忙しくて。友達に連絡する時間もなく、日々目の前の山積みのやるべき事をこなしても、どんどん増えて減らない用事に終われながら。。。。

時々、友だち達は何しているのだろう?と思いながら、月日が流れていきました。

それが、なんだかちょっと変わってきたようです。ご無沙汰していた友人と再会するようになってきました。そういう風にめぐってきた という感覚です。

友人たちも、私と同じくそれぞれ超多忙だったそうです。久しぶりに会っても、「昨日も会ってた」ような感覚。離れていても繋がっていて、一周まわって戻る感覚。

「まわりてめぐる」

昨日も数年ぶりにポワンさんでばったり会いました。閉めて帰る寸前に。

絶妙なタイミング。年齢を聞いてひっくり返るほどビックリしました。お互いに。

でも、先週も会っていたような感覚なんですよ。

 なんだかどうも、みんな螺旋で一段ずつ上がっていっている感じがします。良い方向に。