鞍馬寺 (貴船神社「三社詣」の参拝の順番)

京都最大のパワースポットと言われている鞍馬寺

ご本尊は鞍馬寺では「尊天」と称されていて、毘沙門天王、千手観音菩薩、護法魔王尊の三身一体のご本尊です。

「尊天」とは「すべての生命の生かし存在させる宇宙エネルギー」だそうです。

「尊天」のおひとり、「護法魔王尊」(サナート・クラマ)とは、「650万年前金星から地球に降り立ったもので、その体は通常の人間とは異なる元素から成り、その年齢は16歳のまま、年をとることのない永遠の存在である」そうです。

 

f:id:amenohitsuki:20170818020041j:plain H25年撮影

鞍馬寺の本殿金堂前の六芒星

ここの中心部分「金剛床」と呼ばれるところに立つと宇宙と繋がるとされています。心を落ち着かせ、本堂に向かって手を合わせます。

(残念ながら、私は鈍いので繋がったかどうかはわかりませんでしたが、「繋がる」のだろうなとは思いました。)

 

f:id:amenohitsuki:20170818020106j:plain 本殿金堂

 

鞍馬山といえば、鞍馬天狗源義経ですが、保江邦夫先生の著書の「神様につながった電話」か何かで知った 畑田天眞如阿闍梨さまも修行なさってます。詳しくは畑田店真如著「命をつなぐ」でどうぞ。

 

なぜ今日、鞍馬寺を取り上げたかといいますと。。。。

やっと、元航空自衛隊空将 佐藤守氏の「宇宙戦争を告げるUFO 知的生命体が地球人に発した警告 」を読み終えまして…。保江邦夫先生の著書にも興味深いことはロシアUFO研究所の事など沢山ありますが、そうそう日本には「650万年前に金星から地球に降り立ったサナート・クラマの鞍馬寺」 があったなぁと!

 

私はまだ奥の院に行っていないので、また個人的に京都に行く機会があれば絶対に魔王殿にお参りしたいです。(ちょうど前日が台風か大雨で、天気にはなったけど足元が悪すぎて諦めたのです。もう4年も経ってしまいました。)

 

鞍馬寺は見どころがいっぱいです。由岐神社にも参拝をお勧めします。

そしてもちろん貴船神社にも是非!

貴船神社「三社詣」の参拝方法は、

まず「本社」に参拝し、次は「奥宮」、そして最後には結びとして「中宮(結社)だそうです。

 

他にも画像はあるはずなのでまた今度。(覚えていたら)

 

では。

 

 

追)

佐藤守閣下の著書は何冊も買っていて、読もう読もうと思いつつ他のを先に読んでしまってて、この「宇宙戦争…」を初めて読みました。大変興味深かったです。

私がはてなブログにしたのは、実は閣下がはてなダイアリーだったからです。閣下がされているなら安全かなと思いました。^^

 

 

 

 

ムーミンがいっぱい 今治の タオル美術館  

暑いですね~。汗が噴出します。吸水性の良いタオルハンカチが必需品です。

ということで、今治のタオル美術館。

 

ぜんぜん知らなかったのですが、こちらはムーミン好きにはたまらないムーミン好きの聖地みたいですね。

f:id:amenohitsuki:20170806174003j:plain 40メートルのタオル

 

4階、5階の有料(大人800円 子供料金ほか割引料金あり)のギャラリーでは「ムーミンの世界展」や「タオルアートコレクション」、ムーミンショップ」「ミュージアムショップ」「ミニシアター」。企画展では今は「キャシー中島のキルト展」「など。

f:id:amenohitsuki:20170806174209j:plain

f:id:amenohitsuki:20170806173716j:plain  f:id:amenohitsuki:20170806174329j:plain

2007年?から毎年作っているようです。

f:id:amenohitsuki:20170806174434j:plain

f:id:amenohitsuki:20170806174827j:plain 陶器も。

f:id:amenohitsuki:20170806175112j:plain キルト展

 

3階 は、「タオル工房」と「タオルコレクションショップ」

      ココではオリジナルや有名ブランドのタオルハンカチなどが。

2階 は、四国の物産コーナー

 

一階は、「ミュージアムカフェ」と「ミュージアムマルシェ」。フランスの高級食料品ブランドのグッズなどや、質の高い日本製のタオルが。

ムーミンベトナム製のも柔らかくてとても気持ち良いのですが、やっぱり今治のタオルならこの高品質のタオルがおススメです。

 

 その日使っていたタオルハンカチが汗とトイレの手拭で2枚ともしっとりしていたので、すぐに使いたくて、よく見ずに「日本製のタオルハンカチ」というだけで購入しましたが、これがまたとても良かったです。

 

f:id:amenohitsuki:20170806182259j:plain

(ポケットに入るサイズのは洗濯中なので、また後日UPします)

【花粉。汗・ニオイのタンパク質を水に変えるハンカチ?】という医師の新しい発想で生まれたハイドロ銀チタンテクノロジー という、光触媒を進化させた、光がなくても作用するハイブリッド触媒」という、「花粉 ハウスダスト カビ等のタンパク質や汗 ニオイ 不衛生タンパク質を分解して水の変える」

そうです。

 上の階でゆっくりしていて時間がなかったですし、ムーミンのタオルハンカチ(ベトナム製でした。涙)や、リバティのを買っていたので、これはちょっとしか買いませんでした。もっと買えば良かったです。残念。

(オンラインショップもあるし、全国に店舗もあるみたいです。)

f:id:amenohitsuki:20170806182547j:plain

ムーミンの白は洗濯中なので後日UP。とても気持ちがいいです)

f:id:amenohitsuki:20170806182720j:plain

(しっぽ が可愛いので購入。まだ使ってないので使い心地はわかりません。)

 

 

他にも、ムーミンガーデン「ガーデンカフェ」「ミュージアムカフェ」や中華料理屋さん…などもあり、食事してギャラリー観て、タオルをじっくり選んで、ネームを入れてもらって、お茶飲んでって、ゆっくり時間を気にせず過ごしたい場所でした。

 

 

 

ビックリ。素焚糖がおしゃれなパンに。。。。「カーラアウレリア」

たまたま ヒルナンデス をつけていたら…、東京駅のデパ地下(大丸)のロケ。「~製糖会社が経営するベーカリー」と聞こえてきて、 ふと観ると、大好きな「素焚糖」を使った美味しそうなパンが並ぶ「 カーラアウレリア」さんが!さぞや美味しいでしょうね。

今度東京に行った時はぜひ食べてみようと思います♪

 

素焚糖のことは「ちりめん山椒 初めて作りました」で書きましたが、三年連続でモンドセレクション金賞を受賞した、奄美大島産のサトウキビ100%の砂糖。ミネラル豊富でカルシウムは三温糖の12倍だとか。(モンドセレクションだらけですが、本当に美味しいお砂糖です)

 

そうそう、ちりめん山椒 は、あれから何度も作って毎回美味しいのですが、塩茹で時間を色々変えて冷凍していたり、水にさらす時間も色々試してみたり、生の山椒を使ったり、冷凍したちりめんを使ったり…、それをその都度アレンジして美味しくするので、作り方が安定していないので、なかなか紹介できません。(失敗した実山椒の佃煮を、美味しく出来たちりめん山椒に混ぜて辛くなったりおしました。^^)

またいつか、安定したらUPしようと思います。

夏越祭り

足立の妙見宮(御祖神社)は 7月31日「茅’ち)の輪くぐり」の夏越祭り でした。

半年間、知らず知らず振りかかったであろう 罪穢を祓い清め、暑い夏を健康で過ごすことを祈る祭る夏越祭り。朝6時から21時まで1時間毎に16回も拝殿にて神事を催行されます。

神事は夏越袋(人形袋)を納めたら、誰でも昇殿し、お祓いを受けることが出来ますよ。

事前に(6月頃から)賽銭箱のことろに、団扇と夏越袋(「ひとがた」と「くるまがた」の二種類の紙が入っています)が置いてあります。

夏越袋をいただいて帰り、

 人形に、家内安全(無病息災)とか願い事を書いて、名前を書き込み、三度身を撫で三度ふっふっふと息を吹きかけ、初穂料と一緒に夏越袋に入れ、当日社務所に持参します。

待合所に案内され、時間まで待ちます。9時、10時などちょうどに始まるので、時間に合わせて行くといいですね。

f:id:amenohitsuki:20170801222637j:plain

左→右→左 と無限大∞にくぐり真ん中に出ます。今まで色々な神社で茅の輪をくぐりました。左右左を3回くぐるところもありましたが、1回のところが多いです。

f:id:amenohitsuki:20170801231220j:plain

600~1000円 の鉢植えもありますよ。

小さな茅の輪は500円です。我が家は玄関に飾ります。

f:id:amenohitsuki:20170802182901j:plain

 

「茅の輪くぐり」の由来 

昔、初めて「蘇民将来」の話をバスガイドさんに聞いた時には、ノアの箱舟のみたいな印象だったのですが、ちょっと違うみたいです。。。

 

備後の国風土記(びんごのくにふどき)によると、

日本神話の中で、ヤマタノオロチを倒した素盞鳴尊(すさのおのみこと)が、南海の神の娘と結婚するために、南海で旅をしている途中、蘇民将来(そみんしょうらい)、巨旦将来 (こたんしょうらい)という兄弟のところで宿を求めたところ、弟の巨旦将来は裕福であったにもかかわらず宿泊を拒んだのに対し、兄の蘇民将来は貧しいながらも喜んで厚くもてなしました。

その数年後、再び蘇民将来のもとを訪ねた素盞鳴尊は「もし悪い病気が流行ることがあった時には、茅で輪を作り腰につければ病気にかからない」と教えられました。

そして疫病が流行したときに巨旦将来の家族は病に倒れましたが、蘇民将来とその家族は茅の輪で助かったというのです。

この言い伝えから「蘇民将来」と書いた紙を門にはっておくと災いを免れるという信仰が生まれました。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

そういえば、「スサノオ神を祀る神社は、東日本大震災津波の被害を免れた」という主旨の論文を書かれた東工大大学院の教授もおられましたね。

 

 

 

 

幼いころのレオン君 

f:id:amenohitsuki:20170723232359j:plain 癒されるぅ

 

f:id:amenohitsuki:20170723232201j:plain

f:id:amenohitsuki:20170723232252j:plain 

 

 

 

姿勢の良いレオン君

f:id:amenohitsuki:20170723232526j:plain

f:id:amenohitsuki:20170723232431j:plain

f:id:amenohitsuki:20170723232642p:plain

BOXボブ 刈上げ

f:id:amenohitsuki:20170718003446j:plain

バックはBOXボブ。

f:id:amenohitsuki:20170718003729j:plain サイドはラインを作るのが今風

f:id:amenohitsuki:20170718004421j:plain 

グラデーションをつけた刈上げ。あまり掘らない(えぐらない)ように。

またまたレオン君♪ 癒されるぅ

f:id:amenohitsuki:20170717004804j:plain

f:id:amenohitsuki:20170717004908j:plain

f:id:amenohitsuki:20170717004956j:plain

f:id:amenohitsuki:20170717004634p:plain

f:id:amenohitsuki:20170717005042p:plain可愛い